■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ゾラ作『愛の一ページ』(石井啓子訳)を読みつつ
 今、ゾラの大作『愛の一ページ』を読んでいる。これももちろん「ルーゴン・マッカール叢書」の一部をなす。舞台はパリのパッシー、まだ途中までしか読んでいないが、やはり場所柄お金持ちたちが多く登場しそうだ。幼い少女を抱えた未亡人のエレーヌが主人公だ。
 昨日は、戸塚にある大学に行くので、電車の中で心置きなく長編小説を読むことができた。土曜日の楽しみはこれだ。眠くなれば眠る。目を開ければ活字を追いかける。座れる長い電車は至福のときを与えてくれる。
 というわけで、嬉々としてゾラの大作を読んでいると、主人公のエレーヌが、高台にある西側の街パッシーから、パリの町を眺めるシーンに達した。彼女はつぶさに1850年代のパリを眺めている。と同時に僕も彼女の目を借りてパリを眺める。嬉しい瞬間だ。とその時、こんな箇所に出くわした。

それよりも遠く、墓石にも似た、マドレーヌ寺院の押し潰されたような屋根の後ろには、オペラ座(第二帝政のもっとも記念碑的建造物。一八六二〜七五年に建てられたため、本来この小説に登場するのはおかしいと指摘されている)の巨大な塊がそそり立っている。

 違和感を感じたのは、ゾラの文章ではない。そうではなくてカッコ内の訳注だ。いや、違和感どころではない。なんとも言えない、嫌な感じがした。多分「おかしいと指摘されている」という書き方のせいだ。訳者本人の見解を隠して、周りにいる研究者の見識・意見をぼんやりとほのめかしている。彼女自身そのオペラ座についてどれほど調べたのだろうか。
 結論を言うと、ゾラの文は「おかしい」どころではなく、このオペラ座は、訳者がいう現在のオペラ・ガルニエではなく、1823年から1873年まで使われた「ル・プルティエ・オペラ」だった。要するに彼女は間違っているのだ。

続きを読む >>
スポンサーサイト
文学雑感 | 15:30:44 | Trackback(0) | Comments(0)
誕生日(映画『サラの鍵』を見る)
 昨日、11月2日は69回目の誕生日だった。フランスのカレンダーを見ると11月2日は「Défunts(死者)」の日となっている。だからと言って自分の誕生日が嫌だというわけではない。仲間が、東京のレストランで祝ってくれた。祝われるほどのことでもないが、みんなは単に集まって飲みたいのだろう。花をいただいた。ありがたく、玄関に飾ってある。
 飲み会が17時からだったので、せっかく東京まで足を運ぶならと、六本木ヒルズにあるアリーナというところで、映画を見た。野外スクリーンということで、色々と心配だったが、寒さもひどくなく、まあまあ快適に鑑賞できた。
 映画の邦題は『サラの鍵』といい、原題は«Elle s'appelait Sarah»だった。時代はフランスがナチス占領下の頃、一斉に行われたフランス人によるユダヤ人狩りにあった少女サラの物語と、21世紀の現在偶然そのユダヤ人の家に関わることになった女性ジャーナリストの好奇心と探究心、及び彼女自身の生活との二重唱で物語は展開する。「サラの鍵」は、少女が弟を匿おうとして秘密の納戸の中に押し込んだ時の鍵のことだ。

続きを読む >>
映画評 | 17:55:55 | Trackback(0) | Comments(0)
12人学級から衆院選を考える
 フランスでは、マクロン新大統領の教育対策の1つとして、小学校のクラスを12人にするというニュースがありました。この九月(新学期)からは、教育優先地域(教育に問題の多い地域)に限るそうですが、来年度からは全国で実施するそうです。小学生のいる知り合いの女性から聞くと、日本ではひとクラス30人台が普通だそうで、12人学級なんて、東の果てから見るとなんとも羨ましい限りです。確かに、12人という数は、2つに割っても、3つでも、4つでも割り切れるので、様々なグループ授業に適しています。
 また、そのニュースにはおまけがついています。1週間の授業日数を4日にするというのです。今までフランスでは、土曜日か水曜日には0.5日、つまり午前中授業をしていたのですが、それを廃止して、授業日は月、火、木、金だけにするというのです。
 この2つの対策は、子供にとって嬉しい(?)かもしれませんが、何よりも教師にとって喜ぶべきなのかもしれません。教師の労働条件が緩和されるからです。
 翻って日本を考えてみると、小学校(に限りませんが)教師の負担は相変わらずです。この度の選挙でも、「教育無償化」というおいしそうな餌をばらまく政党はありますが、「教師の負担削減」を叫んでいる政党は見当たりません。

続きを読む >>
雑感 | 05:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
童謡
こんな歌を見つけました。

♫ ♫ ♫
ミンシンころころ ドンブリコ
小池にはまって さあ大変
ユリコが出てきて こんにちは
坊ちゃん一緒に 遊びましょう

ミンシンころころ よろこんで
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりハイ女は 嫌いだと
泣いてはユリコを 困らせた

最大の懸念は、選挙後、憲法改正のために、自民と「希望」が大同団結して、大政翼賛会のようになることです。
安倍首相はもとより、小池都知事も前原誠司代表も、「日本会議」のメンバーと思われるからです。
日本会議のメンバー表はどういうわけか日本語のwikiでは見つからず、フランス語と英語のwikiに乗っていました。

日常スケッチ | 17:41:17 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の思い出
 毎年のことながら、友人宅での二日目の晩は街中のマンションではなく、車で30分ほどの田舎屋で食事をします。ご近所がないこの食事は毎回大宴会になってしまいます。歌といったら我らがスター、ロランス(次女)の独壇場、今年はクロード・フランソワの歌を連発(昨年はバルバラでした)。彼女はニューヨーク在住ですが、毎夏ヴァカンスでフランスに来て、僕たちと会います。ダンサーでもある彼女は、歌もなかなかのものですし、何と言っても美人です。手前の男性は彼女の旦那さん、彼女にメロメロです。アメリカ人のこの方は本当に楽しい人です。
 食事は、まず前菜のタブーレ(クスクスのパスタで作られたサラダ)、次の料理はオムレツです。取り分けておられるマダムが奥様です。次がデザート、黒い実はmûreといい、黒苺とか桑の実とか訳されています。この家の庭で採ったものです。

スター・ロランス

前菜タブーレ     オムレツ
    デザート・mure


 写真の整理をしていたら、2011年に撮った写真が出てきた。

みんな揃って2011年


2017年フランス旅行 | 16:31:57 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad