■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
画家シスレーの愛した町・・・モレ・シュル・ロワン
 パリで生まれたイギリス人アルフレッド・シスレー(1839-99)は、フランス人以上にフランスの水や空や、樹木や町並みを愛したのかも知れない。そして、友人のモネやルノワール達、印象派の仲間よりもずっと自然に印象派の画家になったのかも知れない。
 彼はモレの町に住み、モレの風景を描き、モレで没した。目にも心にも優しい色彩を魔法のようにあやつるペイザジスト(風景画家)があんなにも愛した町、モレに行く。

ロワン川と教会

「モレ・シュル・ロワン」の町は名前の通り、ロワン川沿いにある
《ノートルダム教会と橋と城門(ブールゴーニュ門)》
シスレーが描いた風景が100年の時を越えて、目の前に広がる


続きを読む >>
スポンサーサイト
パリ旅行記(2005年) | 19:32:50 | Trackback(0) | Comments(0)
国立工芸博物館(アール・ゼ・メチエ)と市立近代美術館
 8月17日(木)午前中、Arts et metiers (国立工芸院)に隣接した国立技術博物館に行く。何年か前から見学したかったのだが、色々な事情(修復工事も長かった)で入れなかった、ついに今日実現する(入場料:6.5ユーロ)。
 ほくのパリの根拠地は20区のテレグラフというメトロ駅近くにある。このメトロの線は11号線で、パリの中心地シャトレが終点だ。その三つ手前に「アール・ゼ・メチエ」という駅がある。

駅名.JPG


ア-ルゼ駅.JPG

アール・ゼ・メチエ駅構内


続きを読む >>
パリ旅行記(2005年) | 21:20:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad