■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
会食の楽しみ convivialité の効果
 昨日は、高田馬場のフランス料理店で、同僚の先生方と食事をした。レストランの名前は『L’AMITIE ラミティエ』という。馬場の駅から歩いて5・6分という好位置にあって、値段はランチならフルコース(前菜、主菜、デザート、コーヒー)で1750円、味はパリを歩いていてよくあるレストランに比肩し(それ以上かな?)、ボリュームはたっぷり(パンは食べ放題だが、食べると料理が食べきれないかも)だから、当然のことながらいつも満席だ。ひとりで行っても、予約していないと滅多に入れない。
 12時半から3時まで、我々7人はテーブルに並べられた料理に目を見張り、ゆっくりと味わい、おしゃべりをして、フランス語で言う convivialité を楽しんだ。この convivialité をロワイヤル仏和辞典で引くと「懇親性」と訳されていた。これではさっぱり意味が分からない。そこでロベール大仏和辞典を見ると、「宴会好き、会食趣味」とあった。これもだめだ。どうもうまい訳がないらしい。例文に、「ともに飲み食いする楽しみ」と訳されていたが、これが一番だろう。ランチであれ、ディナーであれ、レストランであれ、個人宅であれ、はたまた高級料理であれ、持ち寄りであれ、仲間とともに飲み食いし、楽しむ。フランスの伝統的な食事の形態だ。適切な訳語がないのは、日本にはそういう習慣がなかったせいだろうか。宴会好きの日本人なのに・・・


続きを読む >>
スポンサーサイト
プロムナード | 15:59:20 | Trackback(0) | Comments(0)
富士山
 1月8日(土)、横浜は舞岡公園という野趣にあふれ、それでいてノスタルジックな公園を同僚のお二人と散歩した。空気は冷え冷えしていたが、風はなく青空が広がり、ぶらつくにはこれ以上ないと言うほど快適な天気だった。くっきりと姿を現した富士山は清楚で、高貴で、感動的ですらあった。

富士山
「初富士や 今年の運を 託したし」

 初夢ならぬ初富士を見て、しばし立ち止まり、カメラを構え、今年の幸運を祈りたくなった。富士山は、どなたが見ても、どこから見ても、等並み幸運をもたらすように神々しい。

続きを読む >>
プロムナード | 14:34:04 | Trackback(0) | Comments(0)
1月3日はお参りのダブルヘッダー
調神社

 1月3日、正月気分を少々味わおうと、混雑するもものかは狛犬ならぬ兎が入り口に鎮座する風変わりな神社、調神社(通称「つきのみや神社」正式には「つき神社」と読む)に参拝した。迷信深い日本人、縁起の良い場所に蝟集する性癖を持つ。卯年の今年、兎を祀る神社に人が殺到するのも道理か。人づてに聞くと、1日は参拝するまで並ぶこと数時間に及んだとか。まさか、3日目なら、それほどのことはあるまいと、足を運んだ。何しろこの神社は、わが町にあって昔から親しんでいたし、何よりも息子のお宮参りをさせていただいた、我が家に深い関係がある。そうはいえ、正月の参拝は初めてだった。
 10時半頃バスを降りて、中山道を歩くとやがて人通りが多くなり、交通整理の係員の人たちによって道ばたに整列させられた。やはり、今日も参拝するのに並ばなくてはならないのだ。
 そうして、並ぶこと40分ほどすると、鳥居無き入り口に到達した。この神社は神社なら必ずある鳥居がないことでも、一風変わっている。

狛兎
狛犬ならぬ「狛兎」、愛玩するぬいぐるみと一緒に記念撮影をする参拝者


続きを読む >>
プロムナード | 10:30:35 | Trackback(0) | Comments(0)
映画『オーケストラ』を鑑賞する。
 メーデーの前日、仕事が休みだったので、久しぶりに映画を見に行った。
 銀座にある映画館「シネ・スイッチ」に到着したのが、11時10分始まりに会わせた30分前の10時40分頃。映画館に近づくにつれ、驚いたのは館前にできた人の列だ。「なあに、シネ・スイッチは2ホールだから、もうひとつの方だろう」と高をくくって到着したら、もうすでに「立ち見席です」の連呼ではないか。
 仕方がないので、次の回(1時50分から)のを見ることにする。フランス映画を見に行って、こんなに混んでいたのは初めだ。どうやら『オーケストラ』は評判がいいらしい。
 仕方がないので、昼食を先にすることにする。というわけで、銀座三丁目あたりで、手頃な食べ物屋を探して歩いた。ところが、これまた驚いたことに、昼の定食(洋風に言えばランチ)はどこでもだいたい千円前後という安値だったのだ。しかもかなり充実した内容だ。埼玉辺りの田舎者にとって、これはショックに近い驚きだ。まあ、安いのだからうれしいに違いはないが、何となく不安にもなる。デフレ現象を目の当たりにしているのだろうか?

続きを読む >>
プロムナード | 18:05:56 | Trackback(1) | Comments(0)
トルコ料理「ザクロ」と谷中散歩
2月14日(日)

 昨日みぞれ混じりの空の下、谷中から上野まで歩いた。今や中学生の子を持つ母親となった,かつての教え子である二人のマダムを伴っての逍遥だ。
 日暮里駅の改札を出たところで昼の12時に待ち合わせ、早速谷中銀座に向かった。まずは右手途中にある経王寺という寺に立ち寄る。ここは、上野戦争の折り彰義隊をかくまったために,いわゆる官軍の攻撃を受けた由緒ある(?)寺だそうだ。我々のみならず何処から来たのか何人もの漫遊者達が,山門に残る鉄砲弾の貫通した痕に指を突っ込んで歴史の事実を実感する。さりげない維新の傷跡から、ここに逃げ込んだ青年達の運命に思いを馳せる。

弾丸跡


ザクロ外観
経王寺の少し先にレストラン「ザクロ」がある。入り口の上に横たわっているお兄さんが、達者な日本語で給仕をしてくれる。


続きを読む >>
プロムナード | 22:52:37 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad