■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
完全犯罪の結末、小説『テレーズ・ラカン』
 エミール・ゾラ27歳の時の傑作『テレーズ・ラカン』は、全編人の悪意とエゴイスムとが入り交じり、環境も舞台もじめじめと薄汚く、読むものに澱みのような重しをはらわたに流し込む。これほどの暗く重い作品は、『ジェルミニー・ラセルトゥー』(ゴンクール兄弟作)をおいて他にないだろう。それもそのはず、ゾラはまさにこの先輩の作品から霊感を受けて『テレーズ』を書いた。『ジェルミニー・ラセルトゥー』発表の2年後、1867年のことだ。肉体的堕落は人間性の堕落に繋がり、悲劇を生む。それこそ、「生理学的で心理学的問題」であり「肉体的で精神的な病気の臨床例」であり、まさに真実の物語だと、ゾラは言う(「」内は篠田浩一郎氏の解説から。先の引用は«世界文学全集25講談社»より訳は篠田氏)。

 小説の書き出しで、ドラマの舞台となるパリ左岸の小路は、物質的な舞台装置にもかかわらず、肉体的精神的疾患をかかえているかのように紹介される。登場人物たちの病理を展開するにふさわしい、まさに実験室のようだ。

 «セーヌの河岸のほうからくると、ゲネゴー街のはずれで、ポン=ヌーフの路地に出会うことになるが、そこはせまくてうす暗い一種の回廊になっていて、マザリーヌ街からセーヌ街までのあいだにはさまれている。この路地はせいぜい長さ三十歩、幅は二歩しかない。黄色っぽい敷石が敷かれているが、みんなすりへり、とめの漆喰がはがれ、いつも胸の悪くなるような湿気がにじみ出ている。この路地をおおっているガラス張りの天井は直角に切られていて、汚れで暗くなっている。(p.303) »

続きを読む >>
スポンサーサイト
文学雑感 | 18:21:55 | Trackback(0) | Comments(0)
モーパッサンの傑作
最近、モーパッサンについて講義をしたので、その抜粋をここに紹介します。

○ ギー・ド・モーパッサンGuy de Maupassant(1850 ~ 1893)
 ノルマンディー生まれのモーパッサンは、めぐまれた文学的環境のなかで育つ。すなわち、精神的な父親として大作家のギュスターブ・フロベールを、兄貴分としてゾラを持つ。文学修行は厳しい師フロベールに、文壇に出るきっかけはゾラに負うところ大である。
 中編小説『脂肪の塊Boule de suif』(1880年)で人気作家となった彼は、それから10年ほどの間に、『女の一生 Une vie』『ベラミ Bel-Ami』などの長編を5つ、300以上にのぼる中・短編小説を次々に発表する。
 晩年、といっても40歳前のことだが、彼は1889年のエッフェル塔を嫌ったことでも有名である。それから数年後、狂死する。

○『メダンの夕べ』
『居酒屋』の成功により作家としての地位を固めたゾラは、パリ郊外のメダンに家を買い、若い作家たちを集めて文学サークル的なものを作った。フロベールの紹介によりゾラの知己を得たモーパッサンもその中にいた。あるとき、ゾラが普仏戦争をテーマにひとつずつ作品を持ち寄り、『メダンの夕べ』という短編集を作ろうと提案する。ゾラ以下5人の若手作家がいた。その中で最も無名だったモーパッサンが、プロシャ軍の占領により翻弄されたある娼婦の物語を読み上げた時、聞いていた全員が感動して敬礼したという逸話が残っている。その作品こそ彼のデビュー作となった『脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)』である。


続きを読む >>
文学雑感 | 11:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)
久々の『ハムレット』
 昨日、シェイクスピアの『ハムレット』を、翻訳であるが、何十年かぶりに読み返してみた。学生の頃は、ただただストーリーだけを追って読んだだけだったことがよくわかった。やはり、この年になると少しは賢くなっているのだろう、以前よりはいろいろな発見があった。
 手にとった本は、筑摩書房の「シェイクスピア全集」6だ。学生の頃買った本なのでだいぶ古く,最近の訳ではまた違うと思うが,訳の荒さがまず眼についた。三神勳氏の訳だが,おそらく、筑摩全集のシェイクスピア、それも『ハムレット』訳を担当したのだから,相当の権威のある方なのだろうが・・・
 驚いたのは,ハムレットが父親や母親を「お父さん」「お母さん」と呼んでいることだ。Lord という同じ語なのに、国王を「陛下」(本当は Majesty だと思うが,クローディウスにも Lord が使われている。あるいは,王弟だと示唆しているのか)、ハムレットを「殿下」と訳し分けている割には、王太子に当たる人間が、巷の子供のように「お母さん」と話しかけている。ちなみに、作者のシェイクスピアは、ちゃんと madam と書いているにもかかわらずである。翻訳で読んだのだが、訳語の不適切さに驚いて,本当に作者もこのような「タメ語」で書いているのかと疑問を感じ,原文に当たってみたのだ。そのせいだろうか、ハムレットの年齢がとても若く感じられた。いったい何歳だったのか。実は,墓場のシーンで、墓堀りが何年その仕事をしているか訊かれて、30年と答える箇所がある。「王太子様が生まれた時からです」墓掘りが間違っていなければ、つまりハムレットは30歳ということになる。だが、芝居の中の主人公の、やることなすことはすべて、もっと若い,というよりも幼い。

続きを読む >>
文学雑感 | 14:55:34 | Trackback(0) | Comments(0)
壮絶な恋物語『トリスタンとイズー』
 講義の準備で、『トリスタンとイズー』の物語を読み返してみた。これは言うまでもなく、『アーサー王』につながる、ケルトの物語だ。現在のウェールズ、インゴランド、アイルランド、ブルターニュを舞台に展開される。
 主人公のトリスタンは、ローヌア王の子として(現在のウェールズと思われる)生まれるが、そのときすでに父はなく、母も彼を生むとすぐに他界する。まさに「悲しみの子(トリスタン)」という名にふさわしい出生だ。しかし、義人ゴルヴナルのもと、武芸一般を身に付け、立派な若者に成長する。ひょんなことで、伯父のマルク王のいるコーンウォールの城にたどり着いたトリスタンは、この国の民が悲しみにうちひしがれているのを目の当たりにする。

ミュージカル『トリスタンとイズー』の中で歌われた Je peux mourir pour être à toi をYouTubeで聴いてください。これは1982年のドイツ映画に歌を合わせたものです。

http://www.youtube.com/watch?v=6kKJzxM_4rc


続きを読む >>
文学雑感 | 05:02:13 | Trackback(0) | Comments(0)
ゾラの『獣人』・・・殺意の神経症
 自分たちの犯罪を完全犯罪にしおおせると思い込んだ若妻セヴリーヌが、旺盛な食欲を見せたことはお伝えした。彼女は、目撃者かもしれないジャック・ランチエと親しみを増すに連れ、それはいつしか恋心へと変っていくのを感じた。若い男前のジャックは、亭主のように荒っぽくなく、女にがつがつ飢えている様子もなく、非常に好感が持てたのだ。
 一方ジャックは人知れぬ悩み、というよりどうしようもない苦悩を思春期の頃から抱え込んでいた。それは、女への欲望が突如殺意に変じてしまうのだ。女の白い肌を見ると、そこにナイフを突き刺したい、流れる真っ赤な血を見たいと狂おしい神経症のような発作にとらわれてしまうのだ。セヴリーヌにかぎらず、彼が女性に淡白に見えたのは、彼が女性との肉体関係を恐れていたにすぎなかったからだ。

続きを読む >>
文学雑感 | 15:42:57 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad