■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
連続殺人か?
今朝、冷蔵庫前でまたもやヤモリの死体発見!
事件は連続殺人に発展した。今回の第一発見者は、当家の主婦だった。
謎は深まるばかり。

スポンサーサイト
日常スケッチ | 15:26:29 | Trackback(0) | Comments(0)
ヤモリ騒動顛末記
9月14日(木)
 夕べ、我が家でヤモリ騒動が勃発。二階に登る階段上の白い壁に5センチほどの小さいやつがへばりついていた。どうして入ったのか、というのは我が家は窓という窓はほとんど網戸がしてあるし、戸は閉めてあるし・・・結論は洗濯物についていたのでは、ということになった。外に出そうとして、箒とちりとりを取りいっている間に、チビは白い壁からその上の青い壁に移ってしまった。結局見えなくなったので、捕獲を諦めて夕食をとったが、その後、玄関にいるのを発見。早速箒とちりとりで生け捕りにしようとしたが、靴置き場に入り込み、杳としてわからなくなった。
 朝起きて、まずは玄関と靴を調べてみたが、チビヤモリは依然として見つからず。今後慌てて靴を履き、チビを潰さなければよいが。ヤモリは家を守ってくれる縁起のいい動物と聞く。そのまま住み着いてくれても構わないが、たとえ事故死を免れたとしても、寒くなると生き延びることが不可能だろうな。その前に、飢え死にということもある。
 彼にとってきつい秋となった。

9月18日(月)
 夕べ、ヤモリの遺体発見!
 普段空き部屋となっている息子の部屋の床で、干からびたヤモリの遺体が横たわっているのを、久々帰ってきた息子が発見した。
 部屋はひと月以上使われておらず、いつから遺体があったのか不明だ。一応当局は自殺、他殺、餓死の3方面で捜査に当たっている。先日、我が家の階段上の壁から玄関まで闊歩したチビヤモリの可能性もあり、DNAの鑑定を待ちたいところだが、残念ながら、チビヤモリに前がないので検査は不可能ということだ。
 もし他殺ということになれば、この家の主婦かこれを書いている本人ということになる(第一発見者である息子の可能性は、遺体の乾燥状態から否定されている)。また、もしこの遺体が前回お騒がせのチビヤモリでないとするなら、当家には多数のヤモリが生息していることになる。
 この2つの仮定は、いずれにしても当家に当惑と疑心暗鬼をもたらすもので、平和な家庭に亀裂が走ることは必然だ。これからの捜査を待ちたい。

日常スケッチ | 07:05:19 | Trackback(0) | Comments(0)
前期終了
 昨日、前期全ての講義(つまり試験)が終了した。採点の作業が残っているとはいえ、ほっとしている。
 ある女性徒の授業感想に、おだてか冗談か、はたまた単なるエールかわからないが「先生大好き! Je t'aime」と書いてあった。意図はなんであれ、こんな文言で年甲斐もなく少々胸キュンとなった。こんな一言でも、老いの身としては授業エネルギーとなる。
 (ちなみに、単位欲しさの文言でないことは確かだ。彼女は平常時ずっとトップクラスだったからだ)
 Merci pour une douce phrase, ma petite demoiselle.

日常スケッチ | 05:39:09 | Trackback(0) | Comments(0)
ラストスパート
 七月も半ばを過ぎた。今学期もあと二週間程で終わる。真に今はラストスパートというところだ。試験問題作成、最後の最後に遺漏があってはまずいので丹念な授業準備、毎日がまるで自転車操業のようだ。だから、聖ジュヌヴィエーヴの続きがまだ終わらない状態だ。
 あとひと月したら、フランスに行っているはずだ。今年は、まずグルノーブルに行こうと思う。新婚旅行で行って以来だから、三十何年ぶりだろう。その時と同様、シャンベリーにも行ってみたい。だから、今年のテーマはスタンダールとジャン・ジャック・ルソーということになる。二人のふるさとを二人よりも歳をとってから訪ねることになるが、何かを感じたい。
 何かを感じられればいいのだが・・・

日常スケッチ | 16:54:55 | Trackback(0) | Comments(0)
森林公園・・・梅鑑賞
 快晴だった昨日、我が家から電車で1時間半ばかりのところにある森林公園で1日散策をした。この公園は非常に広大なので、歩き回っているだけで、たっぷりの足の運動になった。そもそも、最寄りの森林公園駅から公園まで約3キロもあるが、それをまず踏破して始まった散策だったのだ。
 散策の狙いは、花の少ないこの時期の貴重な花、古来愛されてきた梅の花を鑑賞することだ。梅林に近づいただけで、微かな梅の香りがする。それだけで、やってきた甲斐があるというものだ。その上、満開一歩手前くらいの梅の花が一面に咲いている。美しい花には美しい名前がついていた。

幾夜寝覚      関守
「幾夜寝覚」                  「関守」

 淡路(あはぢ)島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守(せきもり)         源兼昌

 淡路島も千鳥も須磨も縁のないこの埼玉の地に、花の心は和歌とともにやってきたのだろうか。桜とは違う梅の高雅さを味わう。

続きを読む >>
日常スケッチ | 23:29:59 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad