■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
喪に服す日
 今日2017年6月15日は、喪に服す日として、日本史に残るかもしれない。いわゆる6.15の法案可決の日として。
 ついに政府は、「中間報告」という隠し刀を使って、凶暴罪、いや共謀罪を成立させた。
 参議院の死だと野党の人は騒いでいたが、元より日本の二院制、つまり参議院は曖昧な議会であったのは確かだ。衆議院と同じように選出された国会議員で構成されるのだから、参議院の持つ特殊性、参議院の参議院たる存在理由というものがはっきりしない。戦前は貴族院だったので、その特殊性は・・・良きにつけ悪しきにつけ・・・明快だった。要するに民衆の代表ではないということだ。イギリスの貴族院は未だその形態を保っているから驚きだ。が、その存在意義は確かにあるのかもしれない。
 翻って日本の場合は、衆議院選挙に落選したので、参議院に鞍替えなどと言っている議員がいるような議会だから、存在意義は希薄だ。要するに国会議員になれれば良いということではないか。できれば衆議院議員になりたいが・・・ということは、参議院は衆議院より劣っているということか。以前参議院選挙は、全国区というものがあり、テレビの人気司会者などがトップ当選していた。当時の参議院は、衆議院との異質性をその選出方法で保っていたのかもしれない。
 待てよ! 今日ここで声を大にして言いたいのは、二院制のことではない。戦後の転換点ともなるかもしれない恐ろしい法案が成立したということだ。先のない僕にとってはどうでも良いけれど、若い人たちにとってはこれから先、重苦しい時代にならなければ良いがと願う。あの金田とかいう法務大臣の顔をよく覚えておいてもらいたい。これから悪法の適用とともに思い出される顔なのだから。

スポンサーサイト
雑感 | 07:55:17 | Trackback(0) | Comments(0)
スマホ時代のショック
 おととい、授業のリアクションペーパーで、ある学生が「北朝鮮と韓国が敵対・対立しているのを初めて知った」と書いていました。たった一人だけとはいえ、これを読んでひどいショックを受けています。対象学生は3、4年生です。
 テレビを見ない。ニュースを見ない。電車内のつるしを見ない。キオスクの新聞の見出しを見ない。友人と社会問題について話さない・・・
 どうしたら、ここ数年とりわけかまびすしく語られている問題に目を閉じ、耳を塞いでいられるのでしょうか。どうしたら、こういう社会問題からするりと身をかわすことができるのでしょうか。
 正直に反応してくれた学生に、感謝の気持ちもあります。おかげで今を垣間見ることができたからです。
 これは、スマホ時代、情報過多時代のパラドキシカルな現象かも知れません。

雑感 | 05:26:33 | Trackback(0) | Comments(0)
On a choisi la raison!
On a choisi la raison!
フランスは、マクロン勝利により、「理性」を選んだ。「理性」はフランス革命以来のフランスの最大の価値観だ。
イギリス、アメリカで旋風を巻き起こしたポピュリスムに屈することなく、しっかりと理性や知性に希望をつないだとも言える。
ノーベル賞作家のル・クレジオは「もしル・ペンが勝ったら、フランスのパスポートを返上する」と言っていたが、僕ももしル・ペンが勝ったら、何か断ち切ろうと思っていた。まだまだフランスは捨てたものではない。

雑感 | 05:27:38 | Trackback(0) | Comments(0)
テレビをつけると・・・
 今、テレビをつけるとトランプ話ばかりだ。うんざりするが、ニュースを見ないわけにはいかない。というのも、僕が一番テレビで見る番組は、ニュースと討論番組だからだ。どうしようもない。どんな変な人でも、アメリカ合衆国大統領ともなれば、世界に対する影響力は計り知れない。
 先日、学生に何かビデオを見せようかと思い、以前テレビから録画した「BS世界のドキュメンタリー・・・ヨーロッパ、台頭するポピュリズム」(2014年1月13日放送)を家で見直してみた。イタリア、フランス、オランダの台頭著しい右翼の政党を取材した、フランスのテレビ局が製作した番組だ。エンディングは実際右翼が政権を取ったハンガリーだった。
 イタリアの「五つ星運動」を主導するベッベ・グリッロ、フランスの国民戦線を率いるマリーヌ・ル・ペン、オランダ自由党党首ヘルト・ウィルダース、これら三人の主張の巧みさとウケ狙いの大衆迎合主義を見事に浮き彫りにした番組だったが、それぞれの主張をあらためて聞いてみると、彼らが訴え、大衆を煽る言説は、インテリ支配層に対する嫌悪感(五つ星)、移民難民に対する拒絶反応及びよそ者に対する警戒心(国民戦線)、移民とりわけイスラムに対する恐怖心と警戒心(オランダ自由党)で、言うまでもない、アメリカ新大統領のそれとほとんど共通している。

続きを読む >>
雑感 | 11:27:16 | Trackback(0) | Comments(0)
駅構内の荷物搬送
 駅のホーム上にある自動販売機の商品はどう運ばれているのか。あの缶コーヒーやペットボトルなどなどのことだ。当然中身が入っているのだから重たい。我が最寄駅では、ホームが階上にあるのだが、運び人はあの重たい商品を、なんということだ、搬送用の車に載せて階段を一段ずつ引き上げている。傍目にも大変そうだし、変な音がしてうるさい。しかも、すぐ隣にエスカレーターがある。おそらく、「うえ」からエスカレーターの使用を禁止されているのだろう。確かに、あの荷物をエスカレーターで運ばれたら、迷惑と思う人がいるかもしれない。第一、もしも荷崩れでもしたら危険でさえある。
 だからエスカレーターの使用禁止には頷けるのだが、別の場所にあるエレベーターはなぜ使用できないのか。エレベーターは、常時使われているわけではない。なぜ彼らは搬送にエレベーターを使用しないのだろうか。一度聞いてみたい(喉元まで出かかったことがあったが、階段の途中だったのでやめた)。
 もしも、会社が乗客に遠慮しているのなら、そんなことは無用だと言いたい。夏の暑い時期など、乗客側から言えば、運搬している人が大儀そうで見ているだけで辛くなる。あの人たちがかわいそうになってしまうではないか。それとも、JRが使用禁止にしているのだろうか。
 最後に、駅構内の荷物の搬送時に鳴らすあの不快な音もなんとかならないものだろうか。要するに「搬送しています。危ないですよ」という警笛の代わりだろうが、はっきり言って、うるさい。余計な配慮というものだ。そうでなくとも、駅構内は騒音だらけなのに・・・


雑感 | 19:56:36 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad