■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
今日帰国
 今日(8月30日)、帰国の途につきます。今パリは7時過ぎ、これから朝食をとり、食後荷造りに入りますが、この時が何とも言えず寂しい気がします。事故にも事件にも遭わず、実に平和な旅行でした。
 しかし、細かい話は帰国してからにしましょう。今使用しているPCはタブレット型で、使い慣れていないので、元気が出ません。帰国したら、旅の喜びをじっくり咀嚼するつもりです。

スポンサーサイト
雑感 | 14:23:24 | Trackback(0) | Comments(0)
明日(8/15)、フランスに出発
 明日、2週間の予定でフランスに向けて出発する。今回の旅はなんと名付けたら良いのだろう。「ノスタルジック旅行」とでもいうのだろうか。というのは、今から40年近く前に新婚旅行で辿った道を行くからだ。
 それは、ドーフィネ、サヴォワ地方だ。前者はスタンダールことアンリ・ベール、後者はジャン=ジャック・ルソーゆかりの地だ。
 スタンダールは死ぬまで生誕の地グルノーブルを好きになれなかった。父親を筆頭とする保守的なブルジョワインテリに我慢ならなかったのだ。だがパラドキシカルになるが、絶対的自由人スタンダールの形成はその環境を抜きにしてはありえないのだ。よほど父親の名字「ベール」を払拭したかったのだろうか。彼は何十というペンネームを使って、物を書いていた。自伝ですら『アンリ・ブリュラールの生涯』というタイトルなのだ。
 サヴォワの町シャンベリー郊外にレ・シャルメットという瀟洒な別荘がある。孤児同然だったジャン=ジャック・ルソーは、そこで14歳年上のヴァランス夫人と生活をする。ルソーが夫人を「ママン」と呼んでいるように、母子のような関係だった二人はやがて恋人関係に陥る。音楽家及び哲学者ルソーの人物形成に大きな影響を及ぼしたシャンベリーとレ・シャルメット、40年近く前にはそれほど関心がなかったが、今回は是非二人の心情を思い描きながら、見学したい。

雑感 | 16:11:18 | Trackback(0) | Comments(0)
若狭代議士のセンス
 今日のニュースは台風関連ばかりだったが、それ以外のニュースで、びっくりもし同時にがっかりしたのは、若狭代議士の新党設立のそれだった。新党設立そのものにいちゃもんをつけるつもりは毛頭ない、どころか立ち位置のはっきりしたインパクトのある新党設立なら大いに歓迎だ。落胆しうんざりしたのは、党名のことだ。「日本ファーストの会」にするというのだ。この党名は、小池都知事の「都民ファーストの会」の人気にあやかったのかしれないが、どうしてもアメリカ大統領のキャンペーンを想像してしまう。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」は、文字どおりアメリカ第一主義のことだ。つまり、他の国はどうなっても構わないが、アメリカの利益を中心に考えるという、いわば利己主義の思想だ。それをそのまま日本の政党名にするということの意味を、若狭氏は本当に考えているのだろうか。そもそも、トランプのキャンペーン文句をそのまま借用することの短慮さと愚かさに思い至らないのだろうか。
 小池都知事の「都民ファーストの会」という党名には、自民党を中心とした都議もしくは都議会から視点や利益を都民に移すという意味が込められていると思われるので、あまり違和感はない。が、それにあやかって人気を集めようと目論んでいるとするなら、若狭氏はあまりに軽薄すぎないか。聞くところによると、本当は「国民ファーストの会」にしようと思ったが、すでに存在していたので「日本ファーストの会」にしたという。「都民ファーストの会」を「東京ファーストの会」と書き換えてみれば、「国民」と「日本」との違いは歴然としているではないか。もしも「東京ファースト」なら、周辺の県にとってどれほど不愉快なネーミングになるか想像するにかたくない。
 さらに危惧しているのは、そんな利己主義的な政党名を支持する国民がもしも多数いるなら、日本国民にうんざりしてしまうだろう。自国だけの利益を追求する日本は、周辺諸国及び他国にとってまさに「日本ワースト」になることは必定だからだ。

雑感 | 18:41:12 | Trackback(0) | Comments(0)
喪に服す日
 今日2017年6月15日は、喪に服す日として、日本史に残るかもしれない。いわゆる6.15の法案可決の日として。
 ついに政府は、「中間報告」という隠し刀を使って、凶暴罪、いや共謀罪を成立させた。
 参議院の死だと野党の人は騒いでいたが、元より日本の二院制、つまり参議院は曖昧な議会であったのは確かだ。衆議院と同じように選出された国会議員で構成されるのだから、参議院の持つ特殊性、参議院の参議院たる存在理由というものがはっきりしない。戦前は貴族院だったので、その特殊性は・・・良きにつけ悪しきにつけ・・・明快だった。要するに民衆の代表ではないということだ。イギリスの貴族院は未だその形態を保っているから驚きだ。が、その存在意義は確かにあるのかもしれない。
 翻って日本の場合は、衆議院選挙に落選したので、参議院に鞍替えなどと言っている議員がいるような議会だから、存在意義は希薄だ。要するに国会議員になれれば良いということではないか。できれば衆議院議員になりたいが・・・ということは、参議院は衆議院より劣っているということか。以前参議院選挙は、全国区というものがあり、テレビの人気司会者などがトップ当選していた。当時の参議院は、衆議院との異質性をその選出方法で保っていたのかもしれない。
 待てよ! 今日ここで声を大にして言いたいのは、二院制のことではない。戦後の転換点ともなるかもしれない恐ろしい法案が成立したということだ。先のない僕にとってはどうでも良いけれど、若い人たちにとってはこれから先、重苦しい時代にならなければ良いがと願う。あの金田とかいう法務大臣の顔をよく覚えておいてもらいたい。これから悪法の適用とともに思い出される顔なのだから。

雑感 | 07:55:17 | Trackback(0) | Comments(0)
スマホ時代のショック
 おととい、授業のリアクションペーパーで、ある学生が「北朝鮮と韓国が敵対・対立しているのを初めて知った」と書いていました。たった一人だけとはいえ、これを読んでひどいショックを受けています。対象学生は3、4年生です。
 テレビを見ない。ニュースを見ない。電車内のつるしを見ない。キオスクの新聞の見出しを見ない。友人と社会問題について話さない・・・
 どうしたら、ここ数年とりわけかまびすしく語られている問題に目を閉じ、耳を塞いでいられるのでしょうか。どうしたら、こういう社会問題からするりと身をかわすことができるのでしょうか。
 正直に反応してくれた学生に、感謝の気持ちもあります。おかげで今を垣間見ることができたからです。
 これは、スマホ時代、情報過多時代のパラドキシカルな現象かも知れません。

雑感 | 05:26:33 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad