■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ス-パ-モデルからシンガ-ソングライターへの変身・・・カルラ・ブルーニ
 90年代、シャネル、ソニヤ・リキエル、クリスチャン・ディオールなどのマヌカンとして活躍していた、カルラ・ブルーニ(Carla Bruni)は2002年、自作の詩と曲を集めてアルバムを発表しました。すると、知性的なしゃれた詩句と、囁くような歌い方でたちまちシャンソン界のトップスターに躍り出ます。

Carla1.JPG


Carla2.JPG


《次のURLをクリックすると「Tout le monde」聴くことができます》
http://www.youtube.com/watch?v=b5en2aQAZ1Y

続きを読む >>
スポンサーサイト
ポップ・フランセ | 06:33:14 | Trackback(0) | Comments(2)
新学期、一週間が経過して思うこと
 新学期が始まり、一週間が経ちました。そして今年もまた教室内で新たな出合いが始まりました。僕にとって期待と好奇のまなざしを全身に浴びる一週間でした。学生たちはむさぼるような目で僕という人間を査定します。その圧倒的なまなざしは毎年のことながら人生にめりはりを付け、緊張感を与えてくれます。
 また、昨年度一月以来の懐かしい顔に再会した一週間でもあります。再度僕の授業に顔を出してくれるなんて・・・ものすごく有り難いことなんだ・・・まったく教師冥利につきます。

続きを読む >>
雑感 | 12:59:50 | Trackback(0) | Comments(8)
圧倒的な人気、アフロ・レゲエ歌手ヤニック・ノア、『メティス』を歌う
 2005年の好感度ナンバーワンに選ばれたのは・・・予想通りと言ってもいいかも知れません・・・テニスの元世界チャンピオンにして、アフロ・レゲエの歌手ヤニック・ノアでした。アフロ・レゲエとは、ヤニック・ノアのようなブラックアフリカンのレゲエのことで、カリブ音楽と中央アフリカの音楽の混合(メティス)です。

Y.Noah.jpg


下をクリックすれば聴くことができます。
http://jp.youtube.com/watch?v=DND0al6A7KE

 彼はカメルーンの父とフランス人の母親との間に1960年にフランスで生まれました。恵まれた天性の運動神経を生かして(父親はプロサッカー選手でした)、たちまちテニス界のプリンスとして頭角を表し、1983年ついにロラン・ギャロス(前仏オープン)で優勝します。ちなみにそれ以来男子シングルの優勝者はフランスにいません。シングルで世界ランク3位、ダブルス1位の成績を残しました。

続きを読む >>
ポップ・フランセ | 20:44:16 | Trackback(0) | Comments(1)
書評『多神教と一神教』について
『多神教と一神教・・・古代地中海世界の宗教ドラマ・・・』本村凌ニ著(岩波新書)

 興味あるタイトルに惹かれて、この新書をひもといてみた。
まず、問題提起の仕方がうまい。あの有名なポンペイの遺跡にある公衆浴場の脱衣所に描かれた春画とも言うべき男女の卑猥な体位図から筆を進め、次になんとそれが後で塗りつぶされた形跡がある、と言うのだ。なぜその卑猥な絵は塗りつぶされたのか。紀元一世紀のポンペイの町に住む人たちにどんな心性の変化があったのだろうか。

続きを読む >>
書評 | 19:17:02 | Trackback(0) | Comments(2)
大詩人アラゴンの詩を読む
 今回は、フランス20世紀を代表する大詩人、ルイ・アラゴンの詩を紹介します。この詩にシンガーソングライターのジャン・フェラが曲を付けて歌っています。詩はもちろんのこと、メロディーとフェラの声がすばらしいのですが、残念ながらここで聴くことができません。このアルバムのタイトルは『フェラ、アラゴンを歌う Ferrat chante Aragon』です。

アラゴン.JPG


フェラ.JPG


続きを読む >>
ポップ・フランセ | 18:17:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ラップ・グループ KDD (Kartel Double Detente)
フランス南部の都市トールーズ出身のヒップ・ホップ5人組グループ、KDD(Kartel Double Detente)のラップを紹介します。幼馴染みだった彼らは、1994年に二十歳そこそこでデビューしました。以来、彼らはフラストレーションや怒りをエネルギーにして、ヒップ・ホップにしていきます。なお、フランスのラップと昨年の暴動とについて詳しく知りたい方は、陣野俊史氏の書『フランス暴動・・・移民法とラップ・フランセ』(河出書房新社 1200円)をお薦めします。KDDについても言及されています。

《次のURLをクリックすると、KDDのではないが、有名なテレビ番組スター・アカデミーの「Chacun sa route」を聴くことができます》
http://www.youtube.com/watch?v=z6dFY9rocWI

続きを読む >>
ポップ・フランセ | 10:11:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad