■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
吟遊詩人を思う・・・ジョルジュ・ブラッサンス公園
 パリの15区に緑地面積なら市街最大という「ジョルジュ・ブラッサンス公園」がある。名前はもちろん以前「不世出のシャンソン歌手」として紹介したことのあるブラッサンス(1921~81)に由来する。彼はこの近くに住んでいた。

時計台.JPG
【ブラッサンス公園でくつろぐ人たち】

ロバ.JPG
【人気者ロバ君(ブロンズ製)】

Brassens 像.JPG
【公園内にあるブラッサンス像】

 そして、この近くを徘徊し、この近くのカフェでパイプを加えて一杯やりながら、得意のゴ-ロワズリ-(冗談)で仲間を笑わせていたことだろう。
 そうでなければ、近くの図書館に行って、読書に没頭していたことだろう。

続きを読む >>
スポンサーサイト
パリ散歩 | 04:38:55 | Trackback(0) | Comments(2)
荷風、ジョルジュ・サンド・・・モンソ-公園
 十七区と八区に住む富裕層の人たちの憩いの場、モンソ-公園は、その出自からしてすでに違います。なにしろ、あのオルレアン公(平等公)の庭園として出発したのですから。もっともこの、親戚(ルイ16世)を断頭台に送ったフィリップ・エガリテ(平等公)も権力闘争の果てに自らもギロチンの露となってしまいましたが。
 その革命時の1797年、モンソー公園はひょんなことで歴史的な地点として名を残すことになりました。世界最初のパラシュートがここに着陸したのです。
 えっ?飛行機もヘリコプターも、もちろんエッフェル塔もない時代にどこから降りて来たかですって?
 実は、1783年にモンゴルフィエ兄弟が熱気球を飛ばすことに成功していました。つまり気球から、ということです。

凱旋門.JPG
【モンソ-公園の「ヴァン・ディク(ダイク)大通り」出入り口から凱旋門を望む】
ここは凱旋門のある「エトワ-ル広場」から出る放射線状の道路のひとつ
「アヴニュー・オッシュ」大通りの突き当たりとなります。


続きを読む >>
パリ散歩 | 16:42:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad