■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スウドクに毒された我が家
数独に「毒」された我が家

 今我が家では数独がはやっている。なにをいまさら、と思われるかもしれないが、やりだしたら止まらない。
 他の新聞は知らないが、毎日新聞の夕刊の一面に必ず初級の練習問題が載っている。今では夕刊が待ち遠しいくらいだ。新聞の問題のマス目を数字で汚すと他の者ができなくなるので、コピー用紙に作った我が家専用のマス目に問題を写す。そうしたほうが大きくなって数字が見やすいのだ。なにしろ我が家では老眼が三名中二名という高率だから。

続きを読む >>
スポンサーサイト
日常スケッチ | 17:52:49 | Trackback(0) | Comments(0)
BGM・・・ささやかな愉しみ
 今歯医者さんに通っている。だいぶ前からだ。そのためだろう、歯科技工士というのだろうか、そこの女性と話をするようになった。僕がフランス関係で生活の糧を稼いでいるのを知っているので、畢竟、フランス話になる。そんな話の流れから、たまたまサルコジ大統領の恋人の話題になった。
 「えっ、その人を知っているのですか?」
 「知っていると言っても、彼女のCDとDVDを持っているだけですよ。でもずいぶん前から知っています。2004年には日本に来ましたからね。あっ、そうだ。いつもBGMが流れていますが、彼女の曲にしたらいかがですか。つぶやくように歌っていますから、きっと合っていますよ」

続きを読む >>
日常スケッチ | 23:58:04 | Trackback(0) | Comments(0)
紀伊国屋サザンシアターにて劇を見る
1月26日(土)快晴

 今日は1時間目だけ試験。そして今年度最後の出講だ。少しうれしい(採点と成績表記がなければもっとうれしいのだが・・・)。

 帰りに新宿で途中下車して、紀伊国屋サザンシアターに行く。民藝の一月公演『選択 一ヶ瀬典子の場合』を見るためだ。劇作家の木庭久美子さんから招待状をいただいた。昔から親しくさせていただき、作品上演のたびに招待状をいただいている。だから、木庭さんの劇はほとんど観させていただいている。『夢二の妻』や『ピアフの妹』のような、偉大な人物の近くで暮らす地味な人間の微妙な心理にスポットを当てた作品もあるが、木庭さんの真骨頂はやはり、「老い」と正面から向き合い、老いを抱えた人間の実存をテーマにした劇(例えば『さよならパーティー』)になるだろう。
 今回の『選択』も、老いの先で待っているかもしれない「認知症」や「終末医療」、「尊厳死」がテーマだ。

続きを読む >>
劇評 | 18:14:42 | Trackback(0) | Comments(0)
長靴をはいた猫、リアーヌ・フォリー
 真夜中、リアーヌ・フォリーを聴いて、様々な思いをめぐらしてみる。昨年の夏、モンパルナス駅近くのホテルに泊まった時、部屋のテレビをつけたら、たまたま彼女がピエール・パルマードと二人芝居の喜劇を演じていた。二人の掛け合いは、何年か分の「ソワレ・デ・ザンフォワレ」を見ていればわかるのだが、お手の物だ。レスビアンの男役のようなアルバムの写真とはうらはらに、彼女は喜劇女優としてもなかなかで、特に、日本の「コロッケ」同様、声帯模写に抜きん出ていて、コンサートでもしょっちゅう観客の笑いを誘っている。仲間たちは彼女を「長靴をはいた猫(牝)」と呼んでいるそうな・・・

フォリー
アルバム『徐々に徐々に』のジャケット


続きを読む >>
ポップ・フランセ | 21:48:21 | Trackback(0) | Comments(0)
雪の日
1月23日(水)雪

 払暁、まだ床にあって聞こえたのはカラスの鳴き声だった。夕べの天気予報によると、今朝は朝から雪ということだったので、うっすらと雪化粧をした街にかまびすしい鳴き声をたてた小鳥たちが飛び交うさまを想像していたので、少々がっかりという目覚めだった。
 起き出して窓から外を見ると、やはり雪はなく、黒々とした街があるだけだった。
 やっと朝食をとっている頃から、雪は降り出した。小さな庭にも、餌台にも雪は積もる。少しずつ心が洗われるようだ。

雪景色
今日に庭に現れたのは三毛猫が一匹、
彼(女)はガラス戸越しにじっと僕を見つめた後、つまらなそうに去って行った。


続きを読む >>
ポップ・フランセ | 14:22:12 | Trackback(0) | Comments(0)
「鳥のさえずり」について(2)
 最近 I さんという方から、メッセージをいただいた。やはり、駅のホームで流れている「鳥のさえずり」を常々不快に思っていらっしゃると言う。さらに日本の、あるいはJR東日本の「貧しさ」をお感じになっておられる(同感!)。ところで I さんは僕よりも行動的だ。JRサイトを通して、あの音を流している理由を尋ねて、現在回答待ちの状態だそうだ。どうか I さん、回答が来たら教えて下さい。興味津々です。

 そこでもう一度、この「鳥のさえずり」について考えてみよう。

続きを読む >>
その他 | 20:52:54 | Trackback(0) | Comments(0)
謹賀新年
 謹賀新年

 明けましておめでとうございます。皆々様にとって、幸多い年でありますように。

 快晴に恵まれた元旦、

        めでたさも中ぐらいなりおらが春 (一茶)

というところかな。この一年を振り返って、特別良かったわけでもないし、悪かったわけでもない。でも病気に一度もならなかったのだから、やはり良かったのだろう。
 それならば、

        めでたさも上向き加減かおらが春 (スキピオ)

正月飾り
我が家の玄関の正月飾り


続きを読む >>

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

日常スケッチ | 23:51:15 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad