■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
草君と狭量社会と「闇の仕事人」
 このニッポンに住んでいて、時々いやだなと思うときがある。それは、何かの折りに世間というか、世論というか、マスコミの報道というか・・・要するに社会全体が定規で線を引いたみたいに善悪をぴっちりと分けて、片側を完全に排除してよかれという雰囲気になったときだ。
 このたびの草君の事件も最初そういう様相を呈していた。
 木曜日(22日)の昼頃、同僚から「草が公然わいせつで逮捕」というニュースを聞いたときは、よくはわからなかったが、「へえー、それはすごい、おもしろい」と思った。というのは、「公然わいせつで逮捕」というニュースから連想したのは、電車内や通り、あるいは広場など公衆の面前でいきなり男が下半身を露出する事件だったからだ。

続きを読む >>
スポンサーサイト
雑感 | 11:26:32 | Trackback(0) | Comments(0)
「いらっしゃい」と「いらっしゃい、こんにちは」
4月18日(土)

 新学期が始まったこともあり、勤め帰り、以前からよく使っていた立ち食いそば屋に久々寄った。4ヶ月ぶりだ。この店、味が特別良いというわけでもないし、特別安いわけでもない単なるチェーン店だが、結構気に入っている。駅構内の立ち食いそば屋さんならではのスピードと、あの何とも言えないかき揚げの味・・・家庭ではもちろんのこと、天ぷら屋でも味わえない少々下品な食油の味と、揚げ過ぎた焦げ目の色合いがいいのだ。
 理由はもうひとつある。挨拶言葉だ。接客態度に関しては、約3年前から通って見ているが、数ヶ月で変わるアルバイトの若い女の子も、ずっと勤めておられる女性の方も、愛想を振りまくどころかむしろ無愛想なのだが(当たり前だ。飲み屋ではない!)、挨拶の文句が良かったのだ。食券を買って入って行くと「いらっしゃいませ」というのはもちろんだが、食べ終わって外に出るとき、「ありがとうございました。行ってらっしゃい」と言う。この「行ってらっしゃい」には、最初驚いた。
 この表現、ちょっとくどいのではないか、と思ったが、毎週のようにさらりと言われるとそれほどではない。なんだか、この店を出て、一週間したら「ただいま」とでも戻りそうな、そんな気配だ。

続きを読む >>
雑感 | 17:36:58 | Trackback(0) | Comments(0)
桜の木の下には・・・
4月4日(土)
 すっかり春めいた天気に誘われて,近くの桜を見に行こうと自転車置き場に行くと,びっくり!
 この陽気に浮かれ出したのはどうも僕たち人間だけではないらしい。コンクリートの地面にぺたりと張り付いて、身動きひとつせず,ひたすら災難の去るのを待っている子供トカゲがいた(titanx2さんからのコメントのとおり、これは「トカゲ」ではなく、「ヤモリ」でした。以下訂正します)。

チビヤモリ

 逃げるかもしれないと思いつつ,写真を撮るために、近くに一円玉を置いたが,染みのように微動だにしない。瞬間、死んでいるのかなとも思ったが,花見のあと帰って来たらいなくなっていた。やはり,死んだ振りをしていたのだ。

続きを読む >>
雑感 | 18:33:14 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad