■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
「チャン付け」はやめて欲しい。
5月28日(金)

 テレビ番組のケチをつけるなら、「見なければいい」と言われそうだが、あえて言いたい。
 その番組とは、みのもんたの「朝ズバ」という、あの早朝からうるさい番組だ。何しろ当方は朝早起きときている。だから、まともなニュースを見たいと思ったら、この「朝ズバ」しかないのだ。たのみのNHKも朝の6時台はいろいろな紹介ばかりで、ニュースだけ流しているわけではない。
 その「朝ズバ」だが、文句を言いたいのは、うるさいからではない。まして番組構成についてでもない。それならもちろん始めから見やしない。問題なのは、天気予報だ。いや違う。天気予報そのものにケチをつけるつもりもない。いやなのは、みのもんたが天気予報のお姉さん(なんと呼ばれたっけ?)に呼びかける「呼び方」だ。驚いたことに、というよりもがっかりしたことに「りょうこちゃん」と「ちゃん」付けをしているのだ。この「りょうこさん」という予報士の方は、昨年度までの「根本さん」に代わって、この四月から新しく担当することになった新人だ。

続きを読む >>
スポンサーサイト
その他 | 06:58:32 | Trackback(0) | Comments(0)
歩道橋の愚
 先日、さいたま市の県道を走ってビックリした(驚嘆した、と言いたいほどだ)。
 僕は車を所有していないので、乗せてもらっていたのだが、その開通したばかりの広々とした県道(と思う)は、午前八時台という通勤通学時間帯というのに車は空いていてスムースに流れ、両側に贅沢にとられた歩道には人の姿はほとんどなかった。まだ、知られていないに違いない。
 ビックリしたのは、何十メートルか何百メートルかごとにある信号機付きの交差点上にかかっている歩道橋だ。そのできたての歩道橋に所在地の地名とともになんと驚いたことに、橋の名まえが書いてあったのだ。
 「にじ色橋」
 「仲よし橋」
 こうなると次はどんな名まえか、俄然興味がわいて来る。
 「あおぞら橋」とあった。すごい!

続きを読む >>
雑感 | 10:57:31 | Trackback(0) | Comments(0)
桜草とヤモリ
 ゴールデンウィークのまっただ中、5月2日の日曜日に、自転車で10分もかからないところにある近所の「さくら草公園」へ、まさにその桜草を見に行った。ここは国の天然記念物に指定されている知る人ぞ知る桜草で有名な公園だ。今年は寒さが4月まで残り、春が遅かったので、桜草の見頃がちょうど今になった。
 さくら草公園という名なので、野原一面の桜草を想像する方もおられようが、残念ながらそうはいかない。というのも、あくまで自生を目指し、一帯を自然のままにしてあるので、葦や荻を筆頭に強力な野草たちも競って生えている。ひ弱な桜草はそういう巨人たちの中にあって、控えめにひっそりと片寄せ合って生きている。その可憐さがまたよくて、この田島が原は、花の咲く時期になると人を集めるそれなりの人気スポットとなっているのだ。

公園



続きを読む >>
雑感 | 14:58:42 | Trackback(0) | Comments(0)
映画『オーケストラ』を鑑賞する。
 メーデーの前日、仕事が休みだったので、久しぶりに映画を見に行った。
 銀座にある映画館「シネ・スイッチ」に到着したのが、11時10分始まりに会わせた30分前の10時40分頃。映画館に近づくにつれ、驚いたのは館前にできた人の列だ。「なあに、シネ・スイッチは2ホールだから、もうひとつの方だろう」と高をくくって到着したら、もうすでに「立ち見席です」の連呼ではないか。
 仕方がないので、次の回(1時50分から)のを見ることにする。フランス映画を見に行って、こんなに混んでいたのは初めだ。どうやら『オーケストラ』は評判がいいらしい。
 仕方がないので、昼食を先にすることにする。というわけで、銀座三丁目あたりで、手頃な食べ物屋を探して歩いた。ところが、これまた驚いたことに、昼の定食(洋風に言えばランチ)はどこでもだいたい千円前後という安値だったのだ。しかもかなり充実した内容だ。埼玉辺りの田舎者にとって、これはショックに近い驚きだ。まあ、安いのだからうれしいに違いはないが、何となく不安にもなる。デフレ現象を目の当たりにしているのだろうか?

続きを読む >>
プロムナード | 18:05:56 | Trackback(1) | Comments(0)

FC2Ad