■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
大雪の日・・・美術館のはしご
 一昨日は無謀なことをしたものだ。雪になるのがわかっていながら、八王子の「富士美術館」に絵を見に行ったのだ。我が家の最寄り駅に歩いているときはみぞれまじりの雨だったので,少々侮ってしまった。八王子の駅に着いた頃には、本格的な雪になっていた。とは言っても,ここまで来たのだから,美術館に行ってしまえば何とかなると信じて,バスに乗った。たまたまタイミングのよいバスがあったので、焦って乗った。
 美術館に到着したときには,雪は10センチ以上に積もっていた。幸いバス停から美術館まで目と鼻の先、1・2分のところだ。美術館へのアプローチ部分には、雪の上に三人分の足跡しかない。つまり、まだ三人しか入館していないということか。
 体から雪をはらいながら,館内には入ると,愛想の良さそうなガードマンが近付いて来て,われわれに言うには,
「今日は大雪が予想されますので,美術館は12時までとさせてもらいます」
「えっ!!!」時計を見ると、11時15分だ。「こちらのレストランは何時までですか?」
「やはり12時までです」
 寒さと雪を我慢してやって来たのも,温かい館内での美術品見学と,おいしい昼食を思い描いていたからこそであったのに。

アッリア
美術館に入るとまず眼を引いたのはPierre Lepautre(1664-1744)の作品「Arria et Paetus」だった。ルーブル美術館に大理石の本物があるらしい。このブロンズ像はその原像をもとに造られた(1890年)。ルーヴルではあまりにたくさんの作品があるので、これくらいのものでは目立たないが、ここでは違う。おもしろい発見をした。この夫婦の逸話は小プリニウスの書簡から来ているということだ。クラウディウス帝により、自害の判決をうけた夫Paetusを勇気づけるために,妻Arriaは自らを短剣でついて、「ほら,痛くありませんよ」と言って範を示したという(紀元42年)。

入り口へ
エスカレーターで二階に上がる。


続きを読む >>
スポンサーサイト
日常スケッチ | 17:45:45 | Trackback(0) | Comments(0)
今年の読み始め
 2013年の読書初めは、格調高く『ガリア戦記』となった。別に気取ったわけではない。たまたま旧年中から読みさしになっていたからだ。ところはアレシアの戦いの場面だ。
 そのアレシアに行く手前では,昨年見学した「ビブラクト」が登場した。2千年以上も前の人たちの、戦いと駆け引きの様子が、勝者側からの一方通行とはいえ、手にとるようにわかるから不思議だ。
 カエサルはこれをどんなふうに書いたのだろうか。佐藤賢一がその著『カエサルを撃て』で書いているように羊皮紙に手ずから書いていたのだろうか。それとも口述筆記していたのだろうか。僕の個人的な考え(というよりも勘)では、後者のような気がする。一人称で記述せずに,常に「カエサルは」と三人称で通している文体は口述にふさわしいからだ。彼が速記者にむかって自己を客観的に語っている姿を想像すると、崇高なまでに美しく感じられる。それは、自分をよく見せようと必死にペンを操る、佐藤賢一のカエサルを読んだせいかもしれない。この歴史小説家の描くウェルキンゲトリクスもカエサルも、ひどく俗物で卑小なので,それに対する反発かもしれない。世界史的英雄は崇高であって欲しいと。
 きょう、土曜日は初出勤の日だ。これからおむすびを握り,ゆで卵を作り,東京駅に行き,踊り子号に乗る。車内で,握り飯の朝食をとり、『ガリア戦記』の最終章を読む。
 富士山が見えれば、さらに幸せな気になれるのだが・・・

 ちなみに、音楽聞き始めは、ニュー・イヤー・コンサートを除けば、Attention au départ 「発車します,注意してください」でした。以下の歌です。

http://www.youtube.com/watch?v=f5wb5WbRdlc


雑感 | 04:10:59 | Trackback(0) | Comments(0)
初散策
 昨日、三日目は柴又の帝釈天まで足を伸ばし,初散策を楽しみました。柴又には二度目です。ずっと前、同僚たちと来たことがありました。その時は,ちょっとしゃれて,市川駅に集合し、そこから矢切までバスに乗って,有名な矢切の渡しから柴又の帝釈天に行きました。
 今回は,正攻法での帝釈天行きです。まずは柴又駅に降りてびっくり、人、人、人で参道まで続いています。考えてみれば,まだ三ヶ日、参詣客で一杯なのは当たり前です。寅さんの映画の影響なのでしょう、参道のイメージは寅さん帰郷の風景がインプットされていたのです。さてその寅さん、駅前にしっかり立っていました。

駅前の寅さん                参道のにぎわい



続きを読む >>
日常スケッチ | 11:52:09 | Trackback(0) | Comments(0)
2013年
 2012年も過ぎて,あたらしい年が始まりました。新年を迎えるのも60回以上となるとこれといった気負いも感慨もありません。ただ静かな一日だな,と思うだけです。
 夕べは,恒例の百人一首大会(と言っても、たった三人だけですが・・・)をしました。読み手の妻は16枚,僕は35枚,息子は49枚、ほぼ例年通りの結果となりました。カルタ取りが一番白熱したのは。息子が僕の力量を越えそうになった時でした。中学生になった時でしたでしょうか。息子はもちろん,僕も本気で勝負をしたものです。それからは,ずっと僕は負け通しです。我が家のカルタ大会が,もしも愉快になるとしたら、我が家にあたらしい家人(和歌好きの嫁さんならうれしい、こんなことを言ってはいけませんね。内緒です)が加わった時でしょう。それはいつのことやら。
 昨日,近所の量販店でDVDプレイヤーを買いました。もちろんフランスで購入したDVDを持参し,それが再生できるかどうか確認するためにいろいろなプレイヤーを試しました。その結果,驚いたことに中国製の無名のプレイヤーはすべて再生可能でした。なんてことはありません。ヨーロッパで買ったPAL方式のDVDは、たぶん中国製の安プレイヤーならすべて再生可能なのかもしれません。ちなみに値段は2380円でした。
 この国はまったく変な国です。最初,店の人に持参のDVDを見せて,これは再生できますか、と尋ねましたが,PAL方式と知るや,即座に(言下に)「だめです!リージョンが違います」と答えました。試してみて中国製プイヤーがことごとく再生可能を知って、店員さんの顔がみるみる驚愕の表情に変わったのは、なかなかの見物でした。
 こういうことを知らない方は、きっと何万円という世界共通リージョンのプレイヤーを買っているのでしょう。
 
 2013年が、災害のない穏やかな年でありますように!!!

雑感 | 12:58:59 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad