■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
今日から新しい一週間
 さて、今日から新しい一週間が始まります。勤労感謝の代替日と言っても、大学では休みになりません。月曜日は「文学」の講義の日、先週、映画『海の沈黙』を見たので、それについての解説をする予定です。学生たちには、「原作の小説との一番大きな違いはなんですか」という質問をしました。コメントペーパーには、その回答がありませんでした。
 答えは、あるドイツ将校が主人公の将校に言う「トレブリンカでの処刑」についてです。作者のヴェルコールにはこの小説を書いていた時(1941年)、まだホロコーストのことを知り得なかった筈ですから。それに対して映画は1947年に制作されました。ユダヤ系のメルヴィル監督やロスチャイルド一族の姪役ニコル・ステファーヌは、どうしてもそのことに言及したかったのでしょう。
 では、BONNE JOURNÉE!!!

スポンサーサイト
日常スケッチ | 07:12:54 | Trackback(0) | Comments(0)
66というぞろ目の誕生日
 今日は66回目の誕生日です。よくもまあ、手足も、目鼻も、消化器官も、排泄器官も、脳も心臓も、長い間働いてきたものです。ありがたいです。
 ささやかながら、夕餉はすき焼きと赤飯にイタリアのワイン、家族で祝ってもらいました(それにしても、なんと言う組み合わせでしょう!!!)。
 平穏な誕生日でした。

 秋ひとつ よわいぞろ目に ひと呑みす(明生)

雑感 | 22:15:26 | Trackback(0) | Comments(0)
世界遺産ル・ピュイ Le Puy 日帰り旅行
 クレルモン=フェラン発9時49分発のter(おしゃれなローカル列車)に乗り、ル・ピュイにちょうど12時に着きました。帰りのバス(帰りはどういうわけか、途中までバスでArvantという駅でterに乗り換えます。)は、ル・ピュイ駅発19時10分、ル・ピュイ散策に使える時間は約7時間、正味6時間というところでしょうか。まずは、インフォメーションを目指し、街の地図をもらい、何はともあれ昼食です。
 下調べしておいたレストラン Brasserie du palais にまっしぐら、席に着くとル・ピュイの名物料理を注文しました。次の写真がそれです。

saucisse lentilles        Tripoux d'Auvergne
妻は左の「レンズ豆とソーセージ」12€、僕は「Tripoux d'Auvergne(羊の胃袋に詰めたソーセージ)」12.9€

Brasserie du palais        冷たいロゼワインにしました
大衆食堂といった感の店内風景と併せて飲んだロゼワイン

 フランスに旅行して、いろいろな腸詰めを食べてきましたが、羊の胃袋に詰めたのはもちろん初めてです。美味そのものというよりも、胃袋をよくぞ柔らかく、煮込んだものと感心してしまいました。レンズ豆はこの地方の名産です。
 ところで、眼鏡などのレンズは、このレンズ豆に似ているので「レンズ」と命名されたとか・・・

続きを読む >>
2014年、フランス旅行 | 17:25:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad