■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
8月22日 アングレーム
 予定通り、アングレームの駅に着く。駅は丘の下に位置していて、旧市街に行くには丘への上り坂を辿らなければならない。インターネットでダウンロードした頼りない地図を片手に10分ほど歩くと、漫画『タンタン』の作者で有名なHergeの像に遭遇する。胸像だが実物の4倍はある巨大な像だ。それもそのはず、アングレームは漫画の町としても知られている。街のところどころの壁には漫画の主人公たちだろうか、漫画が描かれている。

Hergé
漫画『タンタン』の作者エルジェHergé像

漫画壁絵1        漫画壁絵2
町のあちこちに描かれた漫画絵



続きを読む >>
スポンサーサイト
フランス旅行 | 15:59:35 | Trackback(0) | Comments(0)
2015年の仏旅行
 明日、フランスに向けて出発する。
 今回は、Poitiers, La Rochelle のほうに行く予定だ。Mélusine 伝説を求めて、と書きたいところだが、Mélusine の国 Lusignan には、残念ながら行くことができない。日曜日にあたり、電車がないからだ。こんなとき、車のある人(レンタカーを借りられる人)がうらやましい。美女に逢えなくとも、Poitiers の歴史的建築物は豊かだし、La Rochelle の港と Ile de Ré の風景は期待できるだろう。また、海の幸も楽しみだ。

 これから、持ち物の最終点検。たいしたものを持っていくわけではないが・・・

雑感 | 16:53:33 | Trackback(0) | Comments(0)
川内原発再稼働
 今日は8月11日、もろもろの思いが駆け巡る日だ。まずは、よりよって11日という日に原子力発電が再稼働されたということだ。今日のニュースの見出しはすべてこれだ。川内原発再稼働、世界一の基準、責任の所在不明、このあたりがキーワードか。
 しかし、今日のあらゆるニュースの中で、誰も節電のことに言及しない。日本列島、もっと電気の使われない島になってもいいのではないだろうか。以前にも述べたことがあるが、交差点のロン・ポワン化、コンビニ等の夜間規制、街の景観を台無しにするネオン等の規制・・・原子力発電にストップをかけるためには国民の生活スタイルの変化ということも考えていいのではないか。
 自然とともに生きるということの基本は、不必要な電気を使わないということに通じる。そう思うが…
 明日のジャンボ機御巣鷹山墜落。最近、必ずこのことにニュースは触れるが、事故当時噂になった米軍のレーダーについては皆無だ。あの時、不明機の位置がわからず、大混乱に陥っていた時、実は米軍のレ―ダ―は把握していたのではないかという疑惑だ。もしもっと早く位置を特定できたなら、重傷を被った乗客たちが一晩中苦しみ、亡くなっていったのを減らすことができたのではないか。               
 助かった方もいたということから、この噂にもリアリティーがないとは言えない。とはいえ、今更亡くなった方は生き返らない。
                                                              合掌

雑感 | 23:45:12 | Trackback(0) | Comments(0)
原爆のこと
 一昨日は広島に、明日は長崎に、原爆が落とされてからちょうど70年、マスコミもその関連のニュースでかまびすしい。
 さきほども、ケネディー大使と一緒に、アメリカの核軍縮担当者(名前は忘れた)が画面に現れた。両人ともに、広島の追悼式に出席したし、明日の長崎の式にも出席するらしい。以前のようなアメリカの出席ゼロからすれば、少しずつでも原爆を投下した側の態度の軟化がうかがわれる。
 その担当者が、核軍縮の展望について日本人記者に問われて、「日本は、世界への核軍縮に向けて、最良のパートナーだ」というように答えていた。もちろんそうだろう。日本は唯一の戦争被爆国なのだから、その発言にも他国と比べるとはるかに重みがある。だが待てよ。日本をそういう特別の国にしたのはどこだろう。インタビューに答えている他ならぬアメリカではないのか。つまり、アメリカは日本を被爆国にして、被爆国の日本を頼りにしているということか。アメリカは、唯一の核保有国だったなら、核兵器の廃棄についておくびにも出すまい。だがこの世界の現状では、核軍縮に率先して向かいたいのだろう。日本が唯一の戦争被爆国であるのと同様、アメリカは唯一の核兵器行使国であることを忘れてはならない。まして、二度目の長崎に対しての投下は、壮大な生体実験だったと言えるのではないだろうか。
 「最良のパートナー」と言う前に、ひと言「意に反して」とか「望んだわけではなかったが」とか「時代が悪かったので」とか、とにかく申し訳なさそうに、何か言ってほしかった・・・ないものねだり(demander la lune)とはこのことか。

雑感 | 07:11:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad