■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
難しい病気
9月20日(日)
以前から楽しみにしていた、我が家での食事会、K夫妻、F氏、義妹のF江、息子のChisato、我ら夫婦を含めて総勢7名のささやかな会だ。昼食後、自転車距離にあるスーパー・ロジャースにつまみの刺身を買いに行った。異変に気付いたのはそこのトイレでのことだった。到着してさっそく入ったのだが・・・そもそも尿が近いなと思いつつ入った・・・放尿しようとしてもなかなか出ず、強烈な痛みが尿管辺りを走り、しずくのような尿が申し訳程度に出た。長い人生、このような痛みは初めてだった。かつて同僚だったAさんが腎臓結石か膀胱結石が忘れたが、石を出した時のことが頭をよぎった。「あれとは違うな」
それほど気にせず、買い物を済ませて帰宅した。すると、すぐに尿意を催す。放尿しようとすると、先ほどの痛みが再発する。みんなが集まり、食事会が始まったが、みんなに気にされないほどにはホスト役ができたと思うが、どうだったろうか。妻と義妹に後片付けを任せて、11時頃床に着いた。
実は地獄が待っていたのは、それからだった。0時過ぎまでうとうとしたが、尿意を催し、痛い放尿をした。すると、10分もするとまた尿意を催し、痛い放尿をせざるを得なくなる。これは10から15分ごとに1時、2時3時頃まで続いた。あまりの辛さに、先月旅行前に歯医者からもらった化膿止めの薬(どうせ尿道炎か何か炎症を起こしているのだろうから効果は同じだろう)フロモックスを一錠呑んだ。すると、尿意の間隔は遠のき、6時くらいまでうとうとした。


続きを読む >>
スポンサーサイト
日常スケッチ | 16:54:48 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad