■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
『サン・ドニの首を切った男』(1)
 四月に入って、いろいろな原書を読んでいるうちに、ふと物語の翻訳がしたくなった。もちろん面白い本が見つかったからだ。作者は、Ch. Quinel(1886-1946) et De Montgon(1886-1942) という私にとっては知らない作家だ。以前、パリで買い求めた本で、タイトルは、『パリとモンマルトルの伝説と物語』、全部で15篇の短編が収められている。
 まずは最初の物語、『サン・ドニの首を切った男』を紹介したい。サン・ドニは、パリの守護聖人で、両手で首を抱えて歩く彫像で有名だ。また、彼がその首を抱えて倒れた場所が、現在のパリの北にあるサン・ドニ聖堂だったとも言われている。

サン・ドニの像 モンマルトル
モンマルトの丘、 シュザンヌ・ビュイソン小広場(Square Suzanne Buisson)にあるサン・ドニの像。
ちなみに Suzanne Buisson(1883-) は社会主義者で、対独レジスタンスの闘士として活躍したが、
ゲシュタポに逮捕される。ドイツの地で死を迎えたらしいが、没年月日は明らかではない。


※ 長いので、3回に分けて連載します。

続きを読む >>
スポンサーサイト
翻訳 | 06:20:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad