■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
謹賀新年
 謹賀新年

 明けましておめでとうございます。皆々様にとって、幸多い年でありますように。

 快晴に恵まれた元旦、

        めでたさも中ぐらいなりおらが春 (一茶)

というところかな。この一年を振り返って、特別良かったわけでもないし、悪かったわけでもない。でも病気に一度もならなかったのだから、やはり良かったのだろう。
 それならば、

        めでたさも上向き加減かおらが春 (スキピオ)

正月飾り
我が家の玄関の正月飾り



 我が家は大晦日の日に恒例の百人一首大会をやった。大会と言っても、家族三人でほそぼそとするだけだが。息子が小学一年生の時から毎年続けている。今その息子も二十四歳だから、十七回(?)大会ということになるか。大晦日の晩、留守にしたことがないし、誰かが病気ということもなかったから、たぶんそうだろう。いつまで続くか。
 三人なので、乱取りの場合、どうしても誰かが読み手をせねばならない。だから、ひとりは読みながらの競技参加となる。そして読み手はいつも僕だ。
 読み手は、次の札を見ないでいきなり読む。そうしないとずるになるから仕方ないが、どうしても遅れてしまう。競技の最初の頃は百枚近くあるので、息子も妻も札の位置を覚えきれていないから、少しとれるが、五十枚を切ると読み手はまったくとれなくなってしまう。だから、毎年そうだが、大会の結果は散々で僕が18枚、妻が44 枚、息子が48枚だった。いつごろからこうなったのだろう。たぶん息子が小学の高学年になったあたりからか。
 今回はしていないが、本式の競技カルタもする。これは三人なので、ひとりは読み手、二人が競技者となるのでちょうどいい。この場合は、二人の競技者の目の前に25枚ずつおく。つまり、50枚が空札というわけだ。この本式競技でも、ある時から息子に勝てなくなった。やはり、五・六年生になった頃からだろうか。彼がさらに長じると、「絶対に」勝てなくなった。上の句勝負なのはもちろんだが、位置を記憶する力と反射神経が若者の方がよくなり、年寄りは衰えるのだから、仕方ないだろう。
 この百人一首、百首暗記するのに、高校生の頃僕は女流歌人の歌をまず覚えた。そのために今でも、女性の札をとるのが得意だ。

相模
僕が絶対にとる札

妻には「この好き者!」といつもなじられているが。ちなみに妻の得意札は大伴家持の歌「かささぎのわたせる橋のおく霜の白きを見れば夜ぞ更けにけり」だ。理由は、国文だった妻は卒論が家持についてだったとか・・・。
 僕が女流歌人の札を得意としたためだろう。小学一年か二年の時の息子は、僕の不得手な僧侶の札を中心に覚えるという作戦に出た。そのため彼は妻に「坊主が好きなんだから!」と揶揄されていた。なにしろ小学生が「夜もすがら・・・」と詠われると勢い込んで「ねやのひまさえつれなかりけり」(俊恵法師)を得意そうにとっていたのだから、笑ってしまう。

俊恵

子供は意味など考えていないから当たり前だが。

 元旦の日の初詣は、これまた20年以上同じなのだが、近所の「氷川神社」に参る。この神社は神主もいない小さな神社だが、田んぼの中にちょこんと立っているのがいい(今は田がなくなってしまったが)。「阿夫利大神」という石柱もあるから、ずっと昔から農民たちの守り神となっていたのだろう。今農民はいなくなったが、僕が願いたいのは、先日書いたように人間関係が乾燥した現代こそ、阿夫利様には情の雨を降らせてうるおいをもたらして欲しいということだ。

神社
氷川神社の正月風景(背中の人は知らない人です・・・念のため)

 初詣での足で、そのまま僕の実家に行くのがこれまた20年以上続く我が家の習慣だ。実家では、どこのお宅でも同じだろうが、お年玉の雨と酒肴の嵐、これこそ正月気分とばかり、完全な酔い心地で帰宅する。すると、これまた毎年同じなのだが、テレビをつけるとニューイヤー・コンサートが『美しき青きドナウ』ついで『ラディッキー行進曲』を演奏している。つまり、フィナーレということだ。だからいつもコンサートの模様はビデオにとってある。
 このように正月の挨拶も二日目になってしまったのも、以上でお分かりと思う。我が家の年越しと元旦、このまま永遠に続くわけがないことはわかっているが、ずっと続いてほしい。
 今日、二日の初仕事は、まず試験問題作り、次に何年か前の解答用紙のシュレッダーかけだった。
 今年もこのブログに、思ったことを色々書きたいと思っている。
 えっ、今年の目標はですって? 内心決意したものはあるのですが・・・よそ様に言えることではないので。
 ではお休みなさい。
スポンサーサイト

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

日常スケッチ | 23:51:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
明けましておめでとうございます。
はじめまして。いつも更新されるのを楽しみにしています。百人一首大会羨ましいです。今年も無事に1年が過ごせるといいなぁと思います。それでは。
2008-01-03 木 22:35:28 | URL | TOM [編集]
TOMさん、こんにちは。遊びに来てくださりありがとうございます。本当に、今年も一年無事に過ごせるといいですね。できたら、楽しいことが多いともっといいですね。
では、 BONNE ANNEE!
2008-01-04 金 13:37:57 | URL | Scipion [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad