■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
夫婦善哉メジロ
2月17日(日)晴

 今日もピピ・カカ夫婦がやって来た。

夫婦メシ#12441;ロ
「さあ、食事にしましょう」「うん、食べよう」会話する夫婦メジロ

夫婦メシ#12441;ロ2
食欲旺盛だ。同時に餌をついばむ夫婦メジロ

 やっと、ピピ・カカのツーショットが撮れた。夫婦とはいえ、意外と一緒に食事をしないものだ。


 どうやら、彼らは耳が聞こえないようだ。というより耳というものはあるのだろうか。そう疑わせるのに、二つの理由がある。ひとつは、朝、庭側の雨戸を大きな音を立てて開けても、彼らの飛び立つ姿が見えるということだ。これは、開けている騒音に反応しているのではなく、雨戸の動き、もしくは人の姿に反応していることを示している。
 もうひとつは、えさを食べているときの、彼らの様子だ。ついばんでは、あたりをキョロキョロ、ついばんでは、あたりをキョロキョロ、本当に落ち着きがない。物の動く気配があると、すぐに飛び去ってしまう。
 だから、僕も少し賢くなって、「だるまさん転んだ」方式をとることにした。つまり、メジロ君が餌をついばんだ瞬間を、オニが「だるまさん転んだ』と唱えている時と想定して少し動き、彼があたりをキョロキョロ見回している間、こちらは石のように静止する。そうすることで、好位置を確保して、写真が撮れるようになった。

メシ#12441;ロ
黄櫨(ハゼノキ)の枝に刺したリンゴがお目当てのメジロ君


 リンゴは、どちらかと言うと、ヒヨドリを引きつけるようだ。が、彼は安全なところで落ち着いて、食事したいのだろう、くちばしでくわえて持ち去ってしまうことしばしばだ。

ヒヨト#12441;リ
餌をくわえ直す瞬間のヒヨドリ氏

 写真はいずれも、16倍ズームで撮った。
 いつか、ジョウビタキとセキレイがやって来ないかな。以前来たことがあるのだが・・・
スポンサーサイト
日常スケッチ | 14:42:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad