■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ネーミング
 ある会社が新製品を作ったとき,その商品に名前を付けるのは,よほど神経を尖らせるのだろう。いわゆるいいネーミングは、売り上げアップに大いに繋がるかもしれないからだ。
 たとえば、「モツ」という、ともすれば人に嫌われがちな製品を味付けして「こてっちゃん」という親近感あふれる名前で売り出した会社はたいしたものだ。きっと良く売れたに違いない(今でも売れているか?)。
 ところでそのネーミングのことだが,大分前から気になる商品名がある。それは、明治乳業の「おいしい牛乳」という商品名だ。この名前は,少々「ずるい」のではないだろうか。たとえば、
 
 「おいしい牛乳を下さい」
 「あいにく今おいしい牛乳を切らしてしまいました。この酪農3.6牛乳ではいかがですか」


 店でこんな会話があるとしたら,変だ。というのは,次の会話は普通で成り立つからだ。

 「ファンタ・オレンジを下さい」
 「あいにくファンタ・オレンジを切らしてしまいました。このナッチャン・オレンジではいかがですか」

 食料品の名前に「おいしい」を付けるのはやはり、ずるいし、おかしい。「おいしいチョコ」「おいしい飴」「おいしいクッキー」「おいしいパン」あげくは「おいしい漬け物」「おいしい米」となったらどうするのだろう。
 なんて、余計なことを考えながら、スーパーで牛乳棚を見ていたら,「森永のおいしい牛乳」という牛乳パックが目に飛び込んで来たので目を見張る。そうか、「おいしい牛乳」という名前は,登録されているので,森永は自社名を入れて対抗したのか。それにしても森永ともあろうものが貧しいネーミングだな。そこで,しゃくに障ったので「パティシエH」という牛乳を買ってみた。この名前,Hを「エッチ」と発音すると、日本ではあまり良い語感はしないがかまわないのだろうか。と、よく見たら,ちゃんと「パティシエ・アッシュ」とフランス語で発音するように指示されていた。ほっ。
 
 最後に一言,これは商品名ではないが,医院名のこと。
 我が最寄り駅の近くに歯医者ができた。何軒目だろうか。これでまた歯医者さんどうしの闘いが熾烈になるな。と、医院名を見ると「みんなの歯科」と書かれていた。これも変な名だ。

 「もしもし、・・・」歯の痛みをこらえながら、恐る恐る電話をする。すると・・・
 「はい,こちらみんなの歯科です」

 と,この歯医者さんは答えるのだろうか。滑稽な気がすると同時にやや不遜の響きがする。
 そこで「みんなの歯科」で、yahoo検索にかけてみた。すると,平塚や辻堂のほうにこの医院名の歯医者があった。方面が同じだから,系列の歯医者さんだろう。我が「みんなの歯科」は新しいせいか、ネットにかからなかった。この歯医者さんも「みんなの歯科」系列なのだろうか。
 このチェーン店ならぬ、「みんなの歯科」の名を持つ歯医者,町ごとにできてどこにでも目につくようになると、なんとなく「きしょい」気分になるのは僕だけだろうか。
スポンサーサイト
その他 | 16:58:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad