■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
『何もいらない、あなたが欲しい』Besoin de rien, envie de toi
 またまた『愚者達のコンサート』(2005年)から、すてきな曲を紹介します。『何もいらない、あなたが欲しい』という、熱愛中の恋人どうしのデュエット曲です。

jenneifer darmon3.JPG

ジュニフェールとダルモン


《次のURLをクリックすると映像と歌を楽しめます》
http://www.youtube.com/watch?v=mc-tAil8LF8


 筆者の印象では、このコンサートに限らず、日本と違いフランスの歌には恋の歌が少ないようです。今までもこのブログで色々な曲を紹介してきましたが、恋の歌は初めてとなるでしょう。別に意図的にそうしたわけではありません。どうしてもフランスの歌は様々なテーマを扱っていますので、こうなってしまったのです。もちろんフランスにも、有名な『愛の讃歌』を引き合いに出すまでもなく、恋愛をテーマにした歌もたくさんありますが。
 このコンサートではメドレーを除くと、十九曲歌われていますが、その中に恋をテーマとした歌は三曲だけです。この曲以外では『ガブリエル』と『行かないで』があります。後者の『行かないで』はジャック・ブレルのあまりに有名なシャンソンです。もちろん、これから彼の歌も紹介できると思います(彼も素晴らしい詩人です!)。
 さて、この歌は似たような声をした男女四人によって歌われています。男性は低音が美しいラヴォワーヌとダルモン、女性は歌唱力抜群のブーレイ(『誰に権利が』で紹介済み)とジュニフェールです。

Lavineet Boulay.JPG

ラヴォワーヌとブーレイ


 特に若いジュニフェ-ル(1982生)は最近人気抜群の歌手です。一昨年発表したアルバム Le Passage はその一曲目の『私の革命』で度胆を抜かされてしまいました。ダイナマイトのような(古いかな?)パンチのきいた声で歌っています。

Jenneifer et Darmon2.JPG

再びジュニフェールとダルモン


 低音の魅力を持つジェラール・ダルモン(1948生)は歌手というよりも俳優です。また、マルク・ラヴォワーヌ(1962生)は多数のアルバムを発表している歌手ですが、もともとは俳優で、二足のわらじで活躍しています。

「何もいらない、あなたが欲しい」

---男---
見てごらん、日が昇る
優しさにくるまれたまま町の上に

---女---
あなたのおかげで私は生きていけるわ
夢の中のように
私の愛するすべて

---男女---
何もいらない、あなたが欲しい
あなた以外誰もいらない
ほら、お日さまが見える
お日さまは愛に似て
何もいらない、あなたが欲しい
赤が秋を愛するように
あなたは愛を知っている
愛はヴェローナ(注)に似て
何もいらない、あなたが欲しい
あなたが欲しい

---女---
愛してるわ、あなたが私を抱き締める時
私に口づけする時
こんなにも
すてきな気持ち

---男---
最初の、朝の愛撫
朝の優しさ
君はこんなにもきれいだ

---女---
日が昇る

---男女---
二人は愛し合う
何もいらない、あなたが欲しい
あなた以外誰もいらない
ほら、お日さまが見える
お日さまは愛に似て
何もいらない、あなたが欲しい
赤が秋を愛するように
あなたは愛を知っている
愛はヴェローナに似て
何もいらない、あなたが欲しい、あなたが欲しい
何もいらない、あなたが欲しい
あなた以外誰もいらない
ほら、お日さまが見える
お日さまは愛に似て
何もいらない、あなたが欲しい
赤が秋を愛するように
あなたは愛を知っている
愛はヴェローナに似て
何もいらない、あなたが欲しい
あなたが欲しい

注:ヴェロ-ナはイタリアの都市で、ロミオとジュリエットの舞台。実際、両方の家が現在もある。
スポンサーサイト
ポップ・フランセ | 19:02:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad