■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
イヴ・サン=ローラン氏もびっくり?
 先日、イヴ・サン=ローラン氏の遺品が競売にかけられた。テレビでも盛んに取り上げられたようだ。
 その中でちょっとおもしろいことが・・・
 特に話題になったのは,売上高の高さ・・・どうやら個人のものとしては史上最高額(460億ユーロくらい?)だったらしい・・・と、中国政府の抗議のためのようだ。件の彫像を誰が買ったかわからないから,何とも言えないが,もし中国に理解のある人が手に入れたら,中国に帰せばいいと思う。まあ,こんなことを言えるのは,僕自身の財布とは何の縁もないし,痛みも感じないからだろう。
 この中国の彫像でもわかるが,さすがイヴ・サン=ローランと思うのは,絵でも彫刻でも本物を所有していたということだ。ちょっと前に,現金が必要になったマイケル・ジャクソンが、ネバー・ランドのものを何点か売り出したと言うニュースもあった。やはり、イヴ・サン=ローランとくらべるとスケールが桁違いに小さい(まあ,遺品ではないから、総金額はわからないが)。
 昼時に、テレビ朝日のニュースを見ていたら,そんな本物の品物のなかに,モンドリアンの『コンポジション』が2点紹介されていた。もちろん、1点数億か数十億する代物だった。それを紹介したアナウンサーが、「サン=ローラン氏は、この絵からインスピレーションを得て,彼の作品のデザインを創作したらしい」と、モンドリアンの作品そっくりのドレスの写真を見せた。
 その場に居合わせた人たちは一様にびっくりしたふうで、それはそれでよかったのだが、大和田獏のとなりにいた女性のキャスター(と言うのかな?)が、次のように言ったときは,心(しん)からぶったまげた。
 「すてきですね。あっちの絵は(と言って、モンドリアンの作品を指差し)、なんだか私でも描けそうですけど,それをドレスのデザインにするというのは・・・さすがイヴ・サン=ローランさん、天才的ですね」
 これを聞いたら,それこそ当のイヴ・サン=ローラン氏が、仰天するに違いない。「えっ,あなた、モンドリアン並みの画家ですか!」
 むじゃきといえばかわいいけれど、この女性キャスター(?)、決して駆け出しには見えない・・・
スポンサーサイト


雑感 | 16:41:18 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

イブ・サンローラン
そして!! イブ・サンローランドーン 【戦火のデザイナーたち:Yves Saint ... イヴ・サン=ローラン氏もびっくり?66%オフイヴサンローラン ベビードール セット 2009-03-02 Mon 05:41:24 | 園田未来子 お宝画像 動画

FC2Ad