■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ルワンダの魂を美しいメロディーで歌うコルネイユ
 この夏フランスに滞在し、フナックやBHVのCDコーナーを渉猟して歩いて、これはと思うものをいくつか買って来ました。その中でまず最初に紹介したいのは、カナダ人でありルワンダ人のコルネイユ Corneille です。すでにモニエ少年の Qui a le droit を紹介した時に言及していますが、今度は彼が主役です。

コルネイユ1.JPG




 彼の本名は Cornelius Nyungura と言い、たまたま両親が研修に来ていたドイツで生まれたルワンダ人です(1977年生)。16歳の時、ルワンダテレビの歌謡コンクールで栄冠を勝ち取り、歌手としての一歩を歩み出すかに思えたのですが、翌年、内戦が勃発し、彼はドイツに難を逃れました。しかし残った家族は恐ろしいことにジェノサイド(皆殺し)の犠牲になり亡くなってしまいました。
 これほどの不幸を味わった人を表するのに、なんと表現してよいかわかりませんが、しっかりした青年なのでしょう、彼は二十歳の時勉強をするためにモントリオールの大学に入学しました。その後、ケベックで音楽活動に入ります。

コルネイユ2.JPG


 自分の体験をまとめ、2003年にアルバム『遠くから来たのだから Parce qu'on vient de loin』を発表します。もちろんこの頃はもうフランス語圏では名が知られるようになっています。
2005年、彼はマラリア撲滅運動に参加して、ジェノサイド以来初めてルワンダに戻ります(現在コルネイユは戦争孤児のためにカナダ赤十字と一緒に活動しています)。そしてその年11月、アルバム『夢商人(あきんど) Marchands des reves』を発表します(「フランス・ウィキペディア」を参考)。
 今回、紹介するのはその中から「俺たちの日が来るだろう Notre jour viendra」です。彼のルワンダ人としての誇り、意地、そして表に現れていませんが悲しみ、美しいメロディーとともにそういうパトスがどうしようもなく感じられて、涙が出る程です。しかし、感傷は禁物です。きっと彼はもっとずっとずっと強いのです。彼は2005年と2006年の「愚者達のコンサート」に出演していますが、その歌手としての姿を見ると、強い人とはこういう人なんだという思いがします。
 どこかでお求めになられるなら、『夢商人(あきんど)』をぜひ聴いて下さい。他の収録された曲も本当に素晴らしい。

コルネイユ3.JPG



♪俺たちの日が来るだろう♪

                  作詞・作曲:コルネイユ

いや、俺たちは呪われてなんかいない、それどころか
他の連中とおんなじさ、みな選ばれているんだ。
俺の言うこと信じろよ
お天道様が他の連中に約束してるような顔していても
俺たちこんなに苦しんだんだ、埋め合わせをしてくれるよ
俺たちが王様になる日が、きっと来る
地球が思い通りに回る日が
よそ者たちがいい生活したくってあっちこっちからやって来るんだ俺たちのもとに
人間だよ俺たちは、いつかはねたみときっぱり縁がなくなるさ
たとえ一世紀も二世紀も待たなくちゃならなくても

〈繰り返し〉
底辺の子供達、俺たちの日が来るだろう
人がいる限り、光は持ちこたえるさ
底辺の子供達、俺たちの行くところは快適さ
やがて、俺たちの日が来るだろう
やがて、俺たちの日が来るだろう

いや、俺たちは呪われてなんかいない、それどころか
他の連中とおんなじさ、みな祝福されているんだ
俺の言うこと信じろよ
世界の隅っこであちこち支配が確立されたからって
俺たちの支配が来るんだ、もう緒に就いてるんだ
俺たちが王様になる日が、きっと来る
地球が思い通りに回る日が
よそ者たちがいい生活したくってあっちこっちからやって来るんだ俺たちのもとに
人間だよ俺たちは、今のままよりよくなるだろう
たとえ一世紀も二世紀も待たなくちゃならなくても

〈繰り返し〉

俺たちが王様になる日が、きっと来る
真実が絵空事ではなくなる日が
よそ者たちがいい生活したくってあっちこっちからやって来るんだ俺たちのもとに
人間だよ俺たちは、神様のお気に入りになるだろう
ずっとずっとよくなってみんな幸せになる、そんな日がきっと来る

〈繰り返し〉
スポンサーサイト
ポップ・フランセ | 18:38:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad