■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
桜の木の下には・・・
4月4日(土)
 すっかり春めいた天気に誘われて,近くの桜を見に行こうと自転車置き場に行くと,びっくり!
 この陽気に浮かれ出したのはどうも僕たち人間だけではないらしい。コンクリートの地面にぺたりと張り付いて、身動きひとつせず,ひたすら災難の去るのを待っている子供トカゲがいた(titanx2さんからのコメントのとおり、これは「トカゲ」ではなく、「ヤモリ」でした。以下訂正します)。

チビヤモリ

 逃げるかもしれないと思いつつ,写真を撮るために、近くに一円玉を置いたが,染みのように微動だにしない。瞬間、死んでいるのかなとも思ったが,花見のあと帰って来たらいなくなっていた。やはり,死んだ振りをしていたのだ。


 さて、その花見だが,近くの土手にそって植えられた桜がまさに満開を迎えようとしていた。土手沿いの草地にシートを張って、陣取りをしたり、一杯飲んだり,人々は楽しそうな様子だ。やはり、桜の花は人情になによりの薬なのだろう。

桜満開

 最近,電話で近くの墓地を売り出しているとよく宣伝してくるので,ふと思い出し、方向が同じついでに見に行った。すると、《横暴な墓地建設反対》と書かれた立て看がちらほら、新しくできた霊園のまわりに立っていた。その墓地の建設反対運動については小耳にはさんでいたが,本当に行動に移していたとは驚いた。
 この看板の文字を見ると不思議な気持ちになって来た。なんだか、「横暴」と「墓地」という熟語が,不釣り合いで、すわりの悪い・・・とにかくしっくりこないのだ(墓地は基地ではない)。
 「横暴」というなら、もう少し横暴らしいものでなくてはまずいのではないだろうか。たとえば、「横暴な高層マンション建設」「横暴なゴミ焼却所建設」「横暴な原子力発電所建設」「横暴な空港建設」等々・・・べつに「墓地」に横暴さが絶対にないなどと言うつもりはないが,マンションや工場などと異なり,墓地は、圧倒するような高さも、耳を聾するような騒音も,不安をかき立てるような得体の知れなさも、なにもない。皆無なのだ。
 反対の人たちはどうして「墓地建設」に反対なのだろうか。敷地として使えない土手の外の(宅地は造れない)、まさに田んぼでしか利用できないような利便性のない土地を、一体何にすれば良いというのだろうか。もちろん田んぼのままなら問題はないのだろうが,後継ぎがいなくなったのだからそれは論外だ。もしかすると、野球場やサッカー場などのようなグラウンドか、花咲き乱れる公園にでもして欲しいのかもしれない。
 ところが、そういうものとくらべても「墓地」が環境に悪いということはないだろう。墓地ができたために,暴走族や不良のたまり場になってしまったなどと聞いたことがないし、墓参のために排気ガスだらけになったり、ゴミの山ができたりするとも思えない(グラウンドや公園ならその点少々気がかりだ)。もしも,反対理由が「死者の埋葬地だから」というのなら、反対する人たちは「死」というものを無視し続けることになる。ひとは誰でも死ぬし,死んだら埋葬地は絶対にどこかに必要だからだ。死者の埋葬地だからといって,必ず荼毘に付す今日,病気が蔓延するなどと主張するほど愚かでもあるまい。
 まさか、死者の埋葬地だから,「霊」に悩まされるというのではないだろう。それは、反対運動の動機としては,多分に情緒的過ぎる。反対集会で、「お化けが出たらどうする」などと意見を言う人がいたら,それこそ滑稽だ。
 ヤモリほどの想像力しか持ち合わせない当方にとって,「墓地建設反対」の理由はどうも思い浮かばないようだ。おそらく、思いもよらぬ「立派」な理由があるに違いない。知りたいものだ。
 ちなみに、立て看の署名は、「・・・組合、近隣住民」となっていた。
 さて,そんなことを考えながら,家に戻ると,チビヤモリは生きていたらしくどこかに失せた。ほっとして、植え込みを見ると,我が家の春をひとつ見つけた。楚々と,控え目な馬酔木の花が日影にもめげず咲いている。ういやつだ。

愛い馬酔木
スポンサーサイト
雑感 | 18:33:14 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
わー、写真綺麗ですね!

ふと思ったのですが、トカゲってもっと緑色っぽくありませんでしたか?
どうも僕には「ヤモリ」に見えます(笑)
2009-04-05 日 01:01:23 | URL | titanx2 [編集]
titanx2さん、ご卒業おめでとう。

おっしゃるとおり、これは「トカゲ」ではなく「ヤモリ」でした。実は最初から変だとは思ったのですが,まさか我が家にヤモリがいるとは考えられなかったのです。
大辞林によると、「ニホンヤモリ」は頭胴長が約6センチ,尾もほぼ同じ位とありますから、やはり「子供ヤモリ」でしょうね。
「家守」がいるとは、我が家も縁起がいいかも。

titanx2さんのこれからのご活躍をお祈りします。
2009-04-05 日 09:28:03 | URL | [編集]
titanx2さん、お久しぶりです。
ご卒業おめでとうございます。
社会人1年生、しばらくは大変だと思いますが、余裕がでた頃またフランスに行けると良いですね。
その時、私たちとバッタリ出会えたら楽しいね。
去年ルーアンで偶然スキピオさんの教え子母子に会った時のように!

あれはヤモリですよね。トカゲはもっとスマート。

ではtitanx2さんの今後のご活躍をお祈りいたします。

2009-04-05 日 16:32:16 | URL | コクリコ [編集]
コクリコさん

この場をお借りして、ですがお久しぶりです。
そして私的なことながら祝していただきありがとうございます!

またフランスには行きたいです。
油の値段の安さが夏まで続かないかな。
スキピオ先生とフランスで会った冬、お世話になったトゥールのムッシューとマダムにも会いたいところです。

では、いつか欧州でお会いしたいですねw
わざわざコメントありがとうございました。
2009-04-07 火 09:39:20 | URL | titanx2 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad