■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ストラスブールのマルシェ・・・国際フォーラム
12月12日(土)快晴

 12と12のぞろ目の日、昼頃から快晴となった。そこで,白い頂の富士山にカメラを向けて一枚。

富士の山


午後2時前に、国際フォーラムに到着。

ポスター


 会場に入るとすでに人、人、人,テレビで紹介されたせいか、大盛況だ。

人だかり

サンタクロース
サンタクロースのおじさん、このかたは日本に40年来住み着いている俳優さんだそうだ(ご本人のお話)。そんなこと子供には関係ない。僕の後ろの5歳くらいの女の子がお母さんに尋ねていた。「あのサンタさん、本物?」



 空腹を抱えていったので,まずは、「タルト・フランベ」と「シュー・クルット」を求める,が長蛇の列で,約30分並ぶ。それでも待ったかいがあった。我が家で何回か挑戦しても、偽のシュー・クルットしかできなかったが,やっと本物と対面できた。「タルト・フランベ」は、生まれてはじめて食べた。きっと食の記憶に「美味」と残るだろう。

シェフ
愛想のいいシェフがタルト・フランベを焼いていた。

タルト・フランベ
一枚、1200円なり。ピザよりも薄いけれど,パリッとしていておいしい。

シュー・クルット
一人前、600円なり。本場の味がした。

食後うれしいことに、ステージでアカペラのコーラスを楽しむことができた。グループは「アウラ」という。フランス語で歌う,かわいい四人組のグループだった(本来は五人らしい)。

アウラ

アウラのひとり

エリック・サティーの “Je te veux” アダンの「聖しこの夜」などを披露した。

イリュミネーションの点灯まで、間があったので,銀ブラをした。
すると、昔懐かしい繊維会社の「片倉」を発見。看板の「キャロン」の文字が金井克子を思い出させた。

キャロン


クリスマスムードの銀座をぶらぶら散歩すること、およそ2時間、いよいよあたりは光の町に変貌。

交通会館
有楽町駅前の交通会館、世間は不景気でも気分はクリスマスの高揚

夜景

電飾
ストラスブールのマルシェのイリュミネーションを見て,帰路につく。
スポンサーサイト
プロムナード | 16:18:40 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
石田先生、こんにちは。
我が家も土曜日の夜行きましたよ~。
ライトアップがとってもきれいでした。
今年の夏にストラスブールへ行ったので
シエルが楽しみにしていたのです。
でも、タルトフランべもシュークルットも売り切れでした…。残念!
小さなカルーゼルに乗って帰ってきました。
2009-12-14 月 11:53:34 | URL | シエルの母 [編集]
Re: タイトルなし
シエルちゃんに会えなかったのは,残念。入れ違いになってしまいましたね。
今年は,フランスに行けませんでしたが、来年こそはと気合いを込めて、思っています。
2009-12-15 火 19:08:22 | URL | 石田明生 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad