■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
桜草とヤモリ
 ゴールデンウィークのまっただ中、5月2日の日曜日に、自転車で10分もかからないところにある近所の「さくら草公園」へ、まさにその桜草を見に行った。ここは国の天然記念物に指定されている知る人ぞ知る桜草で有名な公園だ。今年は寒さが4月まで残り、春が遅かったので、桜草の見頃がちょうど今になった。
 さくら草公園という名なので、野原一面の桜草を想像する方もおられようが、残念ながらそうはいかない。というのも、あくまで自生を目指し、一帯を自然のままにしてあるので、葦や荻を筆頭に強力な野草たちも競って生えている。ひ弱な桜草はそういう巨人たちの中にあって、控えめにひっそりと片寄せ合って生きている。その可憐さがまたよくて、この田島が原は、花の咲く時期になると人を集めるそれなりの人気スポットとなっているのだ。

公園




 桜草に限らないが多種な野草の自生地なので、見学者は細い通路のような小道を歩かねばならない。

桜草    桜草近写
目にしみるような青草の中にあって、桜草が可憐な姿を見せている。

白い桜草
白い桜草は変種らしい。

チョウジソウ    アマドコロ    タンポポ
上は左から、チョウジソウ・アマドコロ、下はタンポポ

ベニシジミ
ハルジオンにとまり蜜を吸うベニシジミ


 帰り道、区役所沿いの道路で満開を誇る「ウコン」が目にとまり、思わずシャッターを押す。前日京都に行かれた方が緑色の桜「御衣黄」の写真を見せてくださったので・・・

うこん
緑の桜、ウコン


 ちなみに、我がさいたま市桜区の「桜」はソメイヨシノでも八重桜でもなく、桜草の自生地があるので、桜草から草をとって付けられたと聞いたことがある。もしそうならば、僕としては「草」をとって欲しくなかった。「桜草区」では長ったらしく感じられたのだろうが、漢字の見た目も、音の響きも、桜草区は美しい。残念だ。

 さて話しは昨日のことになるが、昼過ぎに息子が玄関で「ヤモリ」を見つけた。体長10センチにも満たないかわいい姿で必死になって死んだ振りをしている。早速カメラを持って来て写真を撮った。思えば、去年だったろうか、このブログで紹介したのは。これで我が家でヤモリを見るのは二回目だ。ヤモリは「家守り」に通じ、縁起がいいとか・・・

ヤモリ
玄関のタイルの上では生きていくのは辛かろうと思い、植え込みの中に連れて行った。
スポンサーサイト
雑感 | 14:58:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad