■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
不肖の身でありますけれども・・・
 ついに民主党の小沢氏が代表選に出馬した。まあ、誰が出ようがかまわないが、首相がたった数ヶ月ずつで代わるのは落ち着かなくて困る。
 その小沢氏が出馬の決意を語るとき、ご自身を「不肖の身でありますけれども・・・」と表現していた。「不肖」とは「不肖の息子」(父とは似ても似つかない)というように「似ていない」という意味だが、彼は誰と似ていないというのだろうか。出馬をうながした(と思われる)鳩山前首相だろうか。それならばわざわざ似ていないというまでもないではないか(まだまだ評判はよろしくない)。それとも、菅現首相だろうか(まさか!)。
 もっとも、ただ単に自身をおとしめる謙譲語ともいえる。あの人、見た目、あまり謙譲の人に思えないが・・・
スポンサーサイト


雑感 | 07:12:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad