■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
強制された祖国愛なんて・・・
 前からうさんくさい男だと思っていたが、ついに橋下大阪府知事(=維新の会)が本性をあらわにした。受けねらいそのものとも思えるあのヒステリックなパフォーマンスもこういうことのためだったのか。
 「君が代起立」条例案のことだ。「我が国の郷土を愛する意識の高揚」などを目的とするとしているが、真ん中がすっぽりと抜けたような論理ではないか。君が代斉唱の際に起立することが義務づけられ、それに唯唯諾々として従うことが「郷土愛・祖国愛」とでもいうのだろうか。
 「なんといおうと、日本はいい国なのだから、国を愛さねばならない。そのためには日の丸を敬い、君が代を斉唱し、祖国を称揚しなくてはいけない」そう言いたいのだろうか。冗談ではない。「日本はいい国なのだから愛すべきだ」と義務づける、その強制が鬱陶しいし、場合によっては危険なことになぜ彼は気づかないのだろうか。祖国愛は、決して強制されるものではない。いや、どんな愛情だろうと、人から強制されて醸成されるものではない。人は、愛すべき対象だから愛するのだ。


 君が代斉唱の際起立しない教師を排除するということは、教育の現場から「イエスマン」だけを残し、反抗的人間を皆無にすることを意味する。私立高校なら、イエスマン教育を旗印に掲げてもかまわないが、公立となると問題だ。人それぞれがいろいろな意見を持ち、それを表明し、自由に議論できることこそ、教育というものだ。学生は、あるいは反抗する教師を見て反発するかもしれないし、あるいは共感するかもしれない。もしかすると「君が代」という国歌について真剣に考えるようになるかもしれない。それどころか、国歌の意義についてまで思いを馳せ、さまざまな国の国歌を比較研究することだってありうるだろう。
 大阪の知事は、そういう学生たちの自発的な思考を停止させようとしている。彼は、それほど「君が代」を擁護したいなら、まずは近代民主主義における「君が代」という歌の持つ意味、重みを論理的に説明し、「君が代」という歌が国歌としていかに最適であるか示すべきだ。「人は生まれながらにして平等」という時代における「君」の存在はどういう意味があるのか、そこから解き明かすべきではないか。
 国歌中の「君」の意味を考えるならば、必然的に天皇制の問題とも絡んでくるだろう。「平等」の時代において、それでもなお「平等ではない存在」とはどんな意味・意義があるのか。なぜ近代日本に「平等ではない存在」が必要なのか。国歌「君が代」について考えるとき、これらは避けては通れない問題だ(もしも、国歌が「君主」を示唆しない内容の歌詞ならば、美しい山や花、日本の自然を歌ったものならば、このような問題は起こらないと思うのだが・・・)。
 若い学生たちが真剣に日本について考え、議論することこそもっとも大切なことで、そういう環境づくりをすることが教育ではないだろうか。
 僕のようなへそ曲がりは、「国を愛せ」と強制されれば、「そんな国はうんざり」と思い、厭いたくなる。人は「こんな国は嫌だね」と言いながらも、国の良い点悪い点について考え、自由に話し合えれば、特別の愛情表現などなくともそういう自由な国を好ましく思うだろうし、結局は愛する心だって生まれるだろう。
 だいたい、自分の生まれた国は母親の子宮のようなものだ。選択の余地はない。その子宮を愛すべきだと強制されても始まらない。赤子が自由に泳ぎ回り、栄養を摂取して、たくましく育つ、そんな子宮ならば自ずと情も移り、大切に思い、かけがえのないものになるというものだ。
スポンサーサイト
オピニオン | 19:18:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad