■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
映画『最強の二人 Intouchables』を見て・・・
 先日、今話題の映画『最強の二人 Intouchables』を見た。驚いたことに、フランス映画なのにいたるところで上映されているし、何よりもビックリしたのは、学生が題名を知っていた。つまり、日本でも知られているのだ。
 今ちらりとネット上の感想を見たが、中には「何これ?」的なものもあったが、全体的にはよい評価のようだ。
 感想の大半は、大富豪の車椅子生活者とチンピラのような介護人のアンバランスから来る笑いとセンチさについてだったような気がする。どちらも、底抜けにいい人間なのだ。そしてその、正反対の環境で育った二人の人間がコンビを組み、生きたいように生きる。あるいは、富豪の男が、ムショ帰りの看護人から生きたいように生きる生き方を感得していく。この社会を自由に生きること。いや、看護人のドリスは、そういう哲学も持っていないのかもしれない。直接的な感性を羅針盤にして生きているだけだ。まさに底抜けに善良な人間の本能のような生き方なのかもしれない。
 だから、二人の社会的なはみ出しにも、観客は笑い、少なくとも苦笑いで反応する。


 邦題『最強のふたり』はこうして完成する。しかし、この映画は、この底抜けに明るいコンビのふたりを「最強のふたり」として、鑑賞し、閉じ込めておくべき作品なのだろうか。
 監督は、邦題を聞いて「えっ? そういうのもあるね」と言ったとか、言わなかったとか。誰かに聞いた気がする。そこで各国の題名をフランスのwikiで調べてみた。フランス語圏の国は「Intouchables」、英語圏の場合、イギリス、アイルランドは「Untouchable」、アメリカ、カナダ、オーストラリアは「The untouchables」だった。スペイン語・ポルトガル語圏の国々は「Amigos」「Amigos Intocables」、しかしスペインでは「Intocable」となっている。ドイツ語圏では「Ziemilich beste Freunde」。
 このようにさまざまなタイトルとなっているのは何を意味しているのだろうか。まず原題の Intouchables はどういう意味か? タッチすることのできない、絶対的な存在とは誰を指しているのだろうか。複数形になっているから、車椅子生活のフィリップひとりではないし、介護のドリスひとりでもない。それならばそのふたりだろうか? そう解釈しているのが、日本語タイトル「最強のふたり」やスペイン語、ドイツ語タイトルだ。ただし、日本語タイトル「最強のふたり」から、うけるイメージは、映画の内容を知らなければ、まるでシュワルツネッガーとブルース・ウィルスのようなふたりが縦横無尽に町を練り歩いているかのようだ。スペイン語、ドイツ語タイトルは、仲好しふたりの友情ものを彷彿とさせる。いずれにしても、主人公ふたりにスポットライトをあてているのは確かだ。
 原題の Intouchables も、ふたりを指しているのだろうか。
 たとえば、冒頭の場面で、ドリスはフィリップを乗せて、パリの高速道路をカーレースのような猛スピードで走るシーンがある。当然だが、それをパトカーに追跡され、運転していたドリスは警官にあわや逮捕、が、彼は全身麻痺の病人を病院に運ぶところだと言って、言い逃れする。観客も警官も車内を見ると、ひげ面の男が口から泡をふいて発作を起こしているではないか。警官たちの態度は一変し、パトカーで病院まで先導しようと申し出て、実際その通りになる。先導された車の中では、大笑いのドリスが発作を起こした男に「なんだ、汚いなあ、泡までふいて」とからかっている。病人を装った男は車椅子のフィリップ、大喜びの体だ。
 要するに、車椅子の病人は警察権力さえも手が出せない intouchable な存在なのだ。その時、タイトルの複数形は、その友達のドリスをも加えようとしているのか。それとも・・・ここでじっくり考えなければならない・・・フィリップのようなハンディを背負った車椅子生活者たちを意味しているのか。
 この映画の制作者たちの心はどこにあるのだろうか。
 もしも、彼らの狙いが後者にあるとするなら、きわめてシニックでブラックな、意味深なタイトルということになる。そして、それを読み取った、スペイン語圏や日本のような輸入業者たちは、そのシニカルな意図を逸らそうと、介護人ドリスとのふたりに焦点を当てた、つまり前者の解釈にしたということだろうか。あるいは単純に前者の解釈をしたのだろうか。
 それならば、アメリカなどの The untouchables のように「定冠詞」が付いている場合は、どんなニュアンスなのか。イギリスのように「無冠詞・単数」は何を意味するのか。この二つの英語のタイトルにどれほどの違いがあるのか。
 「定冠詞」もなく、「単数」でもないフランス語のタイトル Intouchables は、ちょっと投げやりな不特定の複数のような気がするが、どうだろうか。
 監督の狙いにきわめてシニカルなものを感じたのは、僕だけではないはずだ。お薦めの一作。

追記
 昨日、問題の英語のタイトルについて、同僚の英語の先生に質問してみた。彼女の説明によると、アメリカのタイトル The untouchables は、定冠詞で特定化されていて、主役のふたりを指している感じがし、イギリスの Untouchable というタイトルは、単数形にもかかわらず、漠然として、Untouchable な存在すべてを指し示しているように受け取れる。つまり、Untouchable のほうが、フランスのタイトルに近く、アメリカの The untouchables は日本のタイトルに近いということだった。
スポンサーサイト
その他 | 10:13:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad