■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
2013年
 2012年も過ぎて,あたらしい年が始まりました。新年を迎えるのも60回以上となるとこれといった気負いも感慨もありません。ただ静かな一日だな,と思うだけです。
 夕べは,恒例の百人一首大会(と言っても、たった三人だけですが・・・)をしました。読み手の妻は16枚,僕は35枚,息子は49枚、ほぼ例年通りの結果となりました。カルタ取りが一番白熱したのは。息子が僕の力量を越えそうになった時でした。中学生になった時でしたでしょうか。息子はもちろん,僕も本気で勝負をしたものです。それからは,ずっと僕は負け通しです。我が家のカルタ大会が,もしも愉快になるとしたら、我が家にあたらしい家人(和歌好きの嫁さんならうれしい、こんなことを言ってはいけませんね。内緒です)が加わった時でしょう。それはいつのことやら。
 昨日,近所の量販店でDVDプレイヤーを買いました。もちろんフランスで購入したDVDを持参し,それが再生できるかどうか確認するためにいろいろなプレイヤーを試しました。その結果,驚いたことに中国製の無名のプレイヤーはすべて再生可能でした。なんてことはありません。ヨーロッパで買ったPAL方式のDVDは、たぶん中国製の安プレイヤーならすべて再生可能なのかもしれません。ちなみに値段は2380円でした。
 この国はまったく変な国です。最初,店の人に持参のDVDを見せて,これは再生できますか、と尋ねましたが,PAL方式と知るや,即座に(言下に)「だめです!リージョンが違います」と答えました。試してみて中国製プイヤーがことごとく再生可能を知って、店員さんの顔がみるみる驚愕の表情に変わったのは、なかなかの見物でした。
 こういうことを知らない方は、きっと何万円という世界共通リージョンのプレイヤーを買っているのでしょう。
 
 2013年が、災害のない穏やかな年でありますように!!!
スポンサーサイト


雑感 | 12:58:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad