■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
昭和記念公園・・・節分草
 昨日は、妻に誘われるまま昭和記念公園に散策に行った。どんよりとした空で,決して最高の散歩日和ではなかったが,風がないだけましだった。こんな冬空の下,ねらいは「節分草」と「梅」だ。
 まずは西立川まで行き,そこから公園に入った。入場料は大人400円なりで,65歳以上は200円なりで子供並みだ。ケチをつけたくなるが,子供と年寄りは無料でもよいのではないだろか。そのために、年寄りと子供の入場者が増えたからといって,商品を販売するのと異なり,減るものでもあるまいに。それよりも園内がにぎやかになり,飲み物やソフトクリームが売れたほうがよいと思うが・・・
 などと、すぐにケチをつけるのが僕の悪い癖だ。フランスの場合、基本的に公園、庭園は無料であることを知っているから、つい文句を言いたくなるのだ。税金や予算の問題等いろいろあって、日本では無理なのだろう。
 少し行くとレストランがあった。そこのメニューを見たが,びっくりした。なんと,スパゲッティー・ナポリタンが900円もするのだ。今時、いや昔から、ナポリタンが900円するなんて聞いたことがない。たぶん,お役所仕事的なレストランなのだろう。売れなくともかまわない,と言うことか。それとも,腕利きのシェフが最高級の素材で最高級のナポリタンを提供しているのだろうか。まさかゆでておいた麺をトマトケチャップでからめたたぐいではないだろうな(立川駅出口のほうにのレストランにはミートソースがあった。やはり900円だった)。
 公園にやって来たのは、レストラン調査のためではなく,花や景色を見るためだった。そう、寒々とした空の下ではあったが,景色はとてもきれいだった。それに清潔そうなトイレがいたるところにあるのもサービスがよい。

日本庭園
日本庭園
曇り空ではあったが、よく手入れの行き届いた庭園が美しい。



 公園は宏大なので、さまざまなジャンルというかコンセプトで区別されている。その中でも美しいのは,日本庭園だ。園内は馬酔木と寒椿が静かに花を咲かせていた。清池亭という日本家屋の休憩所があったので、清池という名だろうか,池は波一つ立てずに,水面に周囲の景色を映していた。

寒椿               馬酔木
寒椿                           馬酔木

 日本の庭園の美、自然を人工的に作り上げながら、限りなく自然に近い自然を創造しようとする日本的な美を堪能する。盆栽しかり,石庭もしかり,これらは人工的な自然,誰も自然とは思わないが,自然そのままの味わいがある。対して、フランス式庭園は、人間の自然征服を表出するものだ。直線や円を駆使して、自然を幾何学的な世界に組み入れようとする。立川駅の出口にフランス式の庭園がある。

フランス式庭園
フランス式庭園・・・人は,東西の文化交流によって,こうしてどちらの庭園を楽しむことができる。

 日本庭園をあとにして,いよいよ今回の散歩の目的,節分草を見に行く。単純に節分のときに咲くから節分草というらしい。しかし,節分と言えば一番寒さの厳しい時期だ。そんなとき、けなげにも土から小さな白い顔を出す、それが人の琴線に触れるのだろう。そういう意味で,福寿草もそうだ。どちらも、限りなくかわいい。

節分草1            節分草3
けなげな節分草

 この可憐な花を、おじさんたちは獰猛にカメラにおさめていた(僕もそのひとりです)。写真というのはいいものだ。どれほどシャッターを押されても,被写体は少しも減ることはないのだから。

おじさん1                 おじさん2

 それにしても、おじさんたち、もの凄いバズーカ砲のようなカメラで、かわいい花を撮っていた。その勢いは、とどまるところを知らず,そのあと見て回った,福寿草も,紅梅も,白梅も同様だ。僕のカメラは悲しいかな,普通のデジタルカメラ、バズーカ砲のようにはならない。

福寿草
名前のめでたい福寿草

八重野梅    道しるべ    鴛鴦
梅は,まだつぼみが多かったが、咲いている花は清楚で美しい。
ほのかな香りとともに春を先取りする。
左から八重野梅(やえやばい) 道知辺(みちしるべ) 下は鴛鴦(えんおう)トいう名だそうだ。

 花は満喫できたが,この公園の欠点は、隣接している自衛隊のヘリコプター基地だ。絶え間なく,ヘリコプターが離発着して,騒音をまき散らしている。もともと米軍基地だったのだから、もちろんそれよりも何千倍もましなのだが・・・
 立川駅のほうに出て,遅い昼食を駅ビルにある「陳健一」のマーボドーフを食べた。
スポンサーサイト
日常スケッチ | 16:11:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad