■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
モンパルナス駅近くの宿に到着(8/16)
 我らの飛行機は予定通り、シャルル・ド・ゴール空港に到着し、預けてあった二つのスーツケースもトップ集団で出て来た。なんども荷物待ちを体験しているが、こんなに早いのは初めてだ(ちなみに帰りの成田もトップ集団だった)。おかげで、すばやくバスに乗り、モンパルナス近くのホテルに着いたのは、なんと19時半頃。飛行機の空港到着時間が18時20分だから、たった1時間強しかかからなかったことになる。たぶん記録的な早さだ。
 ホテルはモンパルナス・タワーの隣にある。Timhotelというチェーンの安ホテルで、パリだけで23ホテル展開している。安い部屋だから(70€)狭いけれども、清潔感にあふれ、湯沸かし器があり、茶菓子が用意されていた。また、ミネラルウォーターのペットボトルがおいてあるのも気がきいている。

モンパルナスタワー
到着した時はまだ明るかったが、夕食後の11時頃には、モンパルナスタワーに明かりが点っていた。
ホテルの窓から撮影する。




 荷物を置いて、さっそく街に繰り出す。どこで夕食を食べようかと、レストランを吟味して歩くうちに、いつの間にか、レストランLe Paradisの前に来てしまった。このレストラン、とても安い定食があるので、パリに来るたび一度は利用してしまう。その安い定食も8.5€から10€に値上げしていた。それでも大変な混みようで、待とうか、他を探すか、ぐずぐずしていると、若い店長(一昨年父親が亡くなった)が我々に気付き、「1分待って!」と声をかけて来た。まさか本当に1分とは思いはしなかったが、なんとなく待っていると、シャングリアを振舞われた。このシャングリアは、この店に入ると必ずサービスされるアペリティフだ。立ち飲みをしながら待つこと、約30分、やっとテーブルに案内された。するとすぐに相席をお願いと、若いカップルが隣の席についた。そう、ここでは相席は当たり前なのだ。
 席につくと、まわり中がにぎやかなこと、にぎやかなこと。まるでお祭り騒ぎだ。相席のカップルは、後でわかったがブラジル人の新婚さんなのでさすがに静かだったが、隣の老夫婦は、年金生活者の暇を持て余しているのだろう、まわり中の客に話しかけては笑いを誘っていた。テーブルを見ると、食事はとっくに終了していたが、おしゃべりだけで店にとどまっているのだ(結局、我々のほうが先に店を出た)。もちろん我々にも話しかけて来た。旦那さんの話によると、自身はドーフィーヌ(フランスのアルプス寄り)の出身だが、ブルターニュ出身の奥様と、仕事でブルターニュに行き知り合い結婚したそうだ。今はレンヌに住んでいて、目下パリ旅行の最中らしい。
 さて食事のほうだが、僕はムール・マリニエール(ムール貝の白ワイン煮)とビールという組合わせの定食(こんな混み合わせの定食、初めてだ)、妻はシャルキュットリー(ハム・ソーセージ類)のサラダとデザート(フロマージュ・ブラン)という組合わせ、どちらも11.50ユーロだった。ワインはミュスカデのハーフボトルを注文したが、店になかったので(隣のおじいさん、ミュスカデと聞いて、「あれは腹を壊すよ、はっはっはっ」と笑っていた)、店員の薦める別の白ワインのハーフにした(8.5ユーロ)。ところがその白ワイン、ハーフボトルがないので、フルボトルを持って来た。適当に飲め、というわけだ。まあ、こちらも適当に飲んだが、やはりフランスは楽しい。
 料理がテーブルに運ばれると、どでかい皿にサラダの盛り合わせ、ムール貝と殻入れ、パン、ワインのボトル、水の入ったカラフ(ピッチャー)、ビール瓶、いくつものグラス、テーブルからあふれそうだ。隣の新婚さんも同時だったので、境界の区別もないほどだ。そのお隣さんは、目下新婚旅行中で、ブラジリアでレストランをオーナーシェフとしてやっているそうだ。相席と言えば、パリでなんどか相席をしたが、ブラジル人とはこれで三回目だ。ブラジル人はよほどたくさんパリに来ているに違いない。
 さて、食事がデザートに達する頃、お隣の老夫婦がいなくなったなと思ったら、別の席で、そこのお客たちと歌を合唱し始めた。陽気なお祭り騒ぎの雰囲気のまま、いつの間にか11時頃になっていた。そこで記念撮影をして、ホテルに帰る。

Le Paradis
左端に立っているのが、若い店長、右端の老夫婦が僕たちの隣人さんだ。
真ん中のご夫婦は一緒に歌を歌っていた人たち。
実はこの後、店長含めて全員で記念写真を撮ったが、疲れきった我々の顔は公開できないと、
妻により、掲載禁止となった。


 翌日は、8時22分発のTGVに乗る予定だ。しかも駅は、モンパルナス駅と真逆に位置する東駅だ。早起きせねば・・・
 長い、長い、一日30時間もある第一日目が終わった。
スポンサーサイト
2013年フランス旅行 | 17:31:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad