■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
1789 les amants de la Bastille・・・『1789年、バスティーユの恋人たち』
 ついに、待望のDVDが我が家にやってきた。10月下旬に注文したオペラ・ロック『1789年、バスティーユの恋人たち』だ。昨年の夏、フランスのホテルでそのPV『世界が欲しい Je veux le monde』を見て以来、一年と三ヶ月になる。まさに恋いこがれていた恋人に会えたような気分だ。実は先週末に到着してから、もうすでになんどもなんども見ている。なんど見てもすばらしい。期待を裏切らなかった。ちなみに,ホテルで見たPVは以下のだ。

http://www.youtube.com/watch?v=rDZKoJ5XMco


 ビートの利いた音楽と過激な女たちの服装、マリー・アントワネットの存在、恋人同士らしい美男美女、これをホテルのテレビで見た時、このミュージカルがおもしろくないわけがないと直感した。帰国してさらに、次の『うまくいくさ、恋人よ Ça ira mon amour』をyoutubeで見つけた時、このDVDを絶対に手に入れたいと決心したのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=6Om4EIUWrYQ


 ちなみに、フランス・アマゾンで二枚組DVD(一枚はmaking offやインタビューなど)の値段は14ユーロ弱だった。


 実は、あまりの安さに、実物を手にし映像を見るまでは不安で仕方がなかったのだ。だってそうでしょう。新品の新作の二枚組DVDが、いかに円高とはいえ、2000円前後で買えるなんて。もしも,去年のアベノミクス前なら1500円くらいということになる。日本でこの手のDVDは、学生に尋ねたら、一万円近いと言っていた。とはいえ、今までも『ノートルダム・ド・パリ』を始め、なんどもフランスのミュージカルのDVDは買っている。たとえば『ノートルダム・ド・パリ』のDVDは、パリのFnacという有名店で10ユーロだった。あまりの安さにビックリしたのを覚えている。が、上演した時より何年か過ぎていたので、フランスではこんなものかとも思った(ちなみに,今年同製品をFnacで見たが,20ユーロくらいした)。今回のDVDは出荷前の予約販売で、新品中の新品だったのだ。
 というわけで、見るまでは不安だったが、もちろん何の問題もなく・・・強いて言えば、ケースの中にはDVDしかなく、何の解説もスクリプトも入っていなかったが・・・鑑賞することができた。さらに驚いたことに,耳の聞こえない人のために、字幕を選択することさえできたのだ。歌はたいていネットで調べられるけれども、会話部分は聞き取れない場合が多いので大助かりだ。

続く
スポンサーサイト
雑感 | 11:16:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad