■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
消費税8%
 いよいよ四月から消費税が5%から8%になる。僕もその前に買っておかねばと、気持ちは焦っているのだが、いざとなると思い浮かばないものだ。冷蔵庫やエアコン、テレビなどが余命幾ばくもなくなっているのなら、ここで思い切ってとなるのだが、彼ら思いのほか元気がいい。
 安売りのスーパーの店内を歩いていると、なにか買うものを必死に探している自分に気付いてびっくりした。よく考えてみれば、無理に買う必要などないのに、缶詰は、焼き海苔は、インスタントラーメンは、という具合にいちいち頭の中で家の貯蔵量を検討している。。
 ところで、今度の消費税8%というのは、さらに年内にも断行される10%というのは、僕が毎年行っているフランスと比べると少し高い感じがする。大方の日本人はそう思っていないかもしれないが・・・先進各国との消費税比べは、おおざっぱに平均の値でしている。たとえばフランスは19.5%(?)なので、日本の8%なんて存在しないようなものだと、錯覚してしまうから、注意したい。
 毎年フランスで、ホテルを取り、食事をし、スーパーで買い物をしているから、わかるのだが(というのは、レシートに必ず内税の税率が明記されているから)、たいていは7%で、まれに11%のときがある。食料品は5.5%だ。レストランにせよホテルにせよ、僕のレシートが7%の消費税(付加価値税)が付いているということは、僕の旅行レベルはそれくらいだ、ということをも意味している。だから、僕がフランスでは消費税7%だと言っても、他のひとがフランスに行った場合には、11%だと主張するかもしれない。あるいはそれ以上か。要するに、どんな旅行、どんな食事をするかによるのだ。
 逆に言うと、フランス帰りのひとに消費税の率をたずねてみればいい(もしその人が消費税に関心があり、レシートをチェックしているならばだが)。そのひとの、フランス滞在中の贅沢度、あるいは貧乏度(さしずめ僕のケース)がわかるというものだ。
スポンサーサイト


その他 | 14:25:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad