■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
クジラのこと
 最近、国際司法裁判所は南氷洋での調査捕鯨禁止を決めた。反捕鯨国のオーストラリアを中心に結束して、勝ち取った成果だろう。捕鯨国の日本にとっては、相当の打撃だったようで、クジラ食を好む自民党を中心にした国会議員たちが、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退すると息巻いている。ニュースを見たが、その人たちは会議中もクジラを食べていた。
 「古来からクジラを食べている食文化を否定された」と怒っている人がいるが、どうだろうか。食文化そのものの否定というよりも、調査をしていますと言いながら、クジラを殺して、その肉を販売していることが問題だったと思われる。クジラを食すること自体の否定ではない。例えば千葉や和歌山の海岸で時々クジラが捕獲されるが、それを食することは否定されていない。もし、日本古来の食文化というなら、クジラの捕獲も古来の仕方ですればいいのではないか。機械化された今の方法では、やはりクジラがかわいそうだ。


 こんなことを言うと、「お前はクジラが嫌いなのだろう」「クジラ好きでないのだ」などと言われそうだ。確かに、普段ほとんど食べたことがない。が、もしもっと安く、簡便に手に入るなら買って食べていただろう。時々、市場などで見かけると、買いたい(食べたい)衝動に駆られるからだ。
 だが、「調査捕鯨」によるクジラの捕獲は、以前からうさんくさいものを感じていた。その証拠に、このたびの禁止のニュースで、「食べられなくなる」という反応が圧倒的だったからだ。つまり、調査捕鯨のおかげでそれなりの値段で食することができたという証左なのだ。
 また、こんなことを言ってオーストラリアなど、かつての捕鯨国を攻撃する人たちがいる。「奴らは、食べもしないで、ただただ油を採るためだけで何千何万というクジラを殺してきたのだ。それを今更、オリコウさんになって、クジラの保護なんて、しゃらくさい」
 本当に、オーストラリアという国そのものがクジラ漁から生まれたようなものだと、昨日かおとといの「余録」に書いてあった。だいたい、ペリーが日本に来たのも、クジラ漁のためだったのだろう。今、その油の代替物があるので、反捕鯨に転じているのではないか。
 それでもいいではないだろうか。クジラ食に関しても、かつてのタンパク不足の時代からすると、今日では潤沢に動物性タンパク質を摂取することができる。何もクジラに固執しなくても、と考えてしまう。
 たまに日本の海岸でとれるわずかなクジラ、それだけでは、きっとたいへんな高級品となるだろうが、どうしても食べたい人は、大枚を支払って食すればいいのではないか。クジラのありがたみも増すというものだ。
スポンサーサイト
雑感 | 18:34:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad