■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
2014年のフランス旅行計画 2
 妻の妹たちが帰国した後、まずはパリのホテルの引っ越しをします。それまでは、15区のホテルで、西に位置していたのに対し、今度はパリの東、Charenton にアパートホテルを予約したからです。なぜ西から東に移動したかというと、まさに後半の旅程と関係があります。
 後半は、Auvergne 地方の Clermont-Ferrand と、Le Puy en Velay に行く予定です。Clermont-Ferrand 行きの列車は、リヨン駅の東、ベルシー駅から出ます。しかも、朝7時発ですので、宿は近い方が便利だからです。この宿、ベルシーの近くと思ってとったのですが、思ったよりも遠くて、結局は地下鉄に乗らなければなりません。


 Clermont-Ferrand、この十字軍発祥の地には、かつて一度だけ訪れたことがあります。Vichy で語学研修を受けていたとき、そこでの遠足でした。バスで他も含めてあちこちまわったので、記憶に残っているのは、大聖堂とウェルキンゲトリクスの巨像だけです。情けない話ですが、まあ、遠足とはそんなものです。
 というわけで、今回はしっかりと見、観察し、食し、味わいたいと思っています。
 もう一つの目的地、Le Puy en Velay も、Vichy の研修のときに行きました。日帰りの忙しい旅行だったので、やはりまばらな記憶しかありません。今度こそ、と気負いたいのですが、今回も日帰り旅行となってしまいました。ゆっくりと見て歩く、というわけにはいかないでしょう。
 Clermont からパリに直接行かずに、途中 Nevers という町で下車し、友人の家に行く予定です。毎回のことですが、そこに二日ばかり滞在します。友人は、いつも車でどこかに連れて行ってくれますが、今年はどこに行くか。というより、「行きたいところをリクエストしてくれ」と言われているので、どこに行きたいと、ねだればいいか。何年か、滞在しているので、ブルゴーニュあたりの有名どころはもうたいてい行ってしまったからです。今、考えているのは、ウェルキンゲトリクス最後の決戦地「アレシア Alésia」です。彼は、ガリアの種族の長としてバラバラだった種族をまとめあげ、ガリアの支配権を取り戻さんがため、カエサルに戦いを挑みました。一度は Clermont-Ferrand の近くで、ローマ軍に苦杯をなめさせて、勢いをつけて、東に転じます。が、ローマ軍に押し戻され、アレシアの地に砦を作り、カエサルを迎え撃とうとしました。カエサルは、援軍の到着を待ち、攻めに転ずると、ガリア連合軍は崩壊してしまいました(紀元前52年)。ウェルキンゲトリクスは、自死も他死も選ばず、生きたまま捕虜となることを選びます。彼は、ローマに移送され、6年間獄中で過ごした後、カエサルの凱旋式のときに処刑されました(紀元前46年)。26年の生涯でした。ということは、アレシアの戦いでリーダーとなったとき、20歳だったということになります。この若さも、フランス最初の英雄としてもてはやされる理由かも知れません。
 強者どもの夢の後に行けますかどうか・・・
スポンサーサイト
その他 | 16:32:05 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-08-15 金 10:36:38 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad