■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スコットランド住民投票の結果
 結局、スコットランドは独立反対派が約55%を獲得して、独立の夢は消えた。ショーン・コネリーのような筋金入りの独立派にとって、今晩は苦いビールとなるに違いない。
 しかし、どれだけの費用がかかったかわからないが、住民投票をした意味はあったと思う。16歳まで投票権を下げたのも、よかったと思う。より広範な若者が自己責任で国家の選択ができたのだから。今までにないほど、郷土についてはもちろん、国家について、ヨーロッパについて、あるいは経済についていろいろと考えたに違いない。
 それにしても、イギリス人はすごいものだ。この民主主義の時代に、エリザベス女王の若いときの肖像画のついた紙幣を、まるでブルボン家やボナパルト家が支配していた頃のようにいまだ使っているとは・・・さすがの日本でさえ、聖徳太子の肖像をやめたのに。他のヨーロッパの王国の紙幣はどうなのだろうか。ユーロの紙幣に君主の肖像画があるなんて聞いたことがないが(オランダやデンマークなどはどうなのか)。
 ケルト音楽とケルト民話の愛好家としては、今日の投票結果をどう評価すべきか。
 やはりちょっと残念だ。
スポンサーサイト


雑感 | 18:49:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad