■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
年末の選挙
 今、選挙の投票結果が次々と明らかになっています。
 自民党単独で過半数が確実となりました。予想通りではありますが、いざ本当にそうなると、何となくうすら怖い感じがしてきます。自民圧勝なら、おそらく表向き(アベノミクス)とは別の政策である原発再稼働、集団的自衛権、特定秘密保護法、憲法改正が指示されたと主張するかもしれません。確かに、この選挙結果はそれなりに正直で、有権者はそれを承知で指示したと考えるべきでしょう。
 そうなれば、戦後日本の長い間続いた贖罪の歴史に終止符がうたれる、あるいはうたれたつもりになるのでしょう。しかし、日本が周辺国の思いを無視して、勝手に戦後の脱却を果たしたと思い込んでも、無理があるのは明らかです。
 今テレビ画面に映っている沖縄での反自民の当選状況を見ると、ことはそう簡単ではないように思われます。戦争と戦後をもっとも体現し続けていたし、体現しているのは沖縄に他なりません。沖縄の人たちの自民党への NO は重く受け止めるべきでしょう。なぜなら、本土が享受してきた戦後の平和は沖縄の犠牲のおかげだからです。
スポンサーサイト


雑感 | 21:21:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad