■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ケータイの電源
 10月になり、やっと「優先席でのケータイの電源をお切りください」といううんざりする車内放送から解放される。誰一人(というと、一人や二人くらいいるかもしれないが)、その忠告に従うものがいないという異常な事態がなくなる。それはとてもよいことだ。僕のような、ケータイもスマホも持っていないものでさえも面白くないのに、ケータイやスマホを利用している人にとってはどれほど不愉快であったことか。と思うが、学生にそのことについて聞くと、ほとんど気にしたことがないと答える。みなさん図太いね。
 ところで、その電源切りの必要がなくなる10月を前にした、9月のある日、こんな車内放送が流れたのには度肝を抜かれてしまった。
 「10月から、なんとか(忘れた)の決定により、優先席での電源切りを求めなくなりました。しかし、今はまだ9月ですので、優先席にいらっしゃるお客様には電源を切ってくださるようにお願いします」
 胃が悪い人にまたは肝臓のガンマなんとかが高い人に「今月いっぱいはお酒を我慢してください。来月からは少しずつお飲みになっても結構です」というのとは、この優先席での電源切りは本質的に違う。これを放送している車掌さんはどんな人だろうか。どんなセンス、どんなおつむの持ち主だろうか。彼が、シュールレアリスムの人ではなく、四角四面の人ならお付き合いはごめんこうむりたいものだ。
 ちなみに、おととい西武池袋線に乗ったら、未だに優先席では電源を切るように放送していた。どうやら、私鉄はそれぞれらしい。
[付記]今日、JRの電車に乗り、車内放送を聞いたが、あいかわらず「優先席では電源を切るように」と言っていた。それでは変わらないということか(あとでわかったが、この10月から混雑時のみ電源を切れということになったらしい)。
ケータイの電源切れと野暮な秋
スポンサーサイト


日常スケッチ | 17:57:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad