■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
クリスマスイブは検査の日
 昨日のクリスマスイブは、日赤病院での検査の日だった。だいぶ前から予約していたので、忘れかけていたほどだった。幸い、問題は何もなく、担当医は「これで楽しくお正月を迎えられますね」と、開口一番うれしそうに語りかけた。そこまではよかったのだが、次の台詞が良くなかった。「治療の効果が出ましたね」ときたからだ。
 今まで何度も日赤に足を運んだが、検査結果を聴くだけで、治療など受けたことがないし、薬一つもらったこともない。そこで、少々むっとしたが、表には出さずに、「治療は受けておりません」と、そっけなく言葉を返した。
 「あっ、そうでしたね」(少々慌てて)
 以前の診療の時、僕の病気に対しては治療も薬もないと聞き及んでいたので、「では治療はあるのですか」と思わず訊いてしまった。すると相手は、「ステロイドを処方するとか…」
 前回、僕の場合はステロイドも使えないといわれていたので、この度の医者の発言はひどく心外だった。
 が、だいたいにおいて医者は、特に一日何十人も診療をベルトコンベヤーのようにこなしている医者は、いい加減なものと相場が決まっているので、それ以上追及するのをやめた。
 とにもかくにも、無事に2015年を終えられそうだ。
 夜は、スープとビーフとチーズに赤ワインでNoel気分を出した。肝機能も、良好だったので…
スポンサーサイト


日常スケッチ | 11:35:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad