■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
ケータイ電話考
[最初にお断りしておきますが、僕は携帯電話を持っていませんし、持ったこともありません。ですがひとこと言わせてもらいます]

 「皆様にお願い申し上げます。優先席のそばでは携帯電話の電源をお切りください。それ以外のところではマナーモードに設定の上、他のお客様の迷惑になりますから通話はお控えください」

 今日も、こんなアナウンスが車内に流れました。毎日、電車に乗るたびに聞こえて来るフレーズです。そして今日も、目の前の優先席では、車内放送ものかは、高校生らしき若者たちが、手にした携帯電話で遊びにうち興じています。
 これほどしつこく車内放送して、これほど無視されている「注意」というものもなかなか例がないのではないでしょうか。驚きを通り越してあきれてしまいます。誰に対してあきれるかですって?・・・もちろん、JR、もしくはJRの職員に対してです。


 この不思議なアナウンスを聞くたびに、さまざまな疑問が湧いてきます。まずは、どうして優先席で電源を切らなくてはならないのか、という素朴な疑問です。しかしその答えは、いつかの車内放送で「心臓のペースメーカー等、医療機器に影響を与える恐れがあります」と説明がありましたので、わかりました。
 つまり、優先席は「心臓のペースメーカー等の医療機器をつけている人が腰をかける」場所、ということになります。
 すると次の疑問が湧きます。では、その方達はマナーモードになった携帯電話が近くにあると何らかの危険に遭遇する、ということなのでしょうか。
 医療機器をつけている方達というのはどのくらいの割合でいらっしゃるのでしょうか。もし危険があるとするなら、その方達は絶対的に、まっすぐに優先席に行かなくてはならないことになります。間違って違う所に乗った場合、まわり中電源の入ったケータイだらけですから、あまりに危険すぎます。
 ようするに、これでは、医療機器を付けている方に対する差別があまりにひどすぎるということです。なぜなら、その方達はあらかじめ電車に乗る前からホームで優先席のある場所を見極め、一気に脇目も振らずに優先席に向かわなければならないからです。そんなことを強いるのは間違っています。ハンディキャップのある方にこそ、公共の場では、自由に、動きやすい形で、移動していただくべきです。
 ですから、もしマナーモードのケータイが医療機器に影響を与えるということならば(そしてそういう機器を付けた方にも安心して歩いていただくためには)、車内はもちろん混雑したホームも電源を切るようにしなければいけないことになります。
 ところが現実には、そうされていませんし、ケータイによる医療機器の故障ということも寡聞にして知りません。
 もう一度繰り返しましょう。もしも、マナーモード(実はマナーモードというものがなんだかよく知りませんが)のケータイが医療機器に影響を及ぼすとするならば、危険きわまりない凶器と同様ですから、車内やホーム上でもそのマナーモードというのを禁止するべきではないでしょうか。
 もちろん、この提案はおそらく現実的ではないでしょう。マナーモードのケータイが電車やバスでも危険なのでしたら、郵便局でも銀行でも、病院の待合室でも、もしかするとスーパーのレジでも危険ということになってしまい、すべての携帯電話の電源を切らなければならなくなります。僕はもともと持っていないのでかまいませんが、ケータイを持っている人はそれでは面白くないし、不便きわまりない思い(ケータイがケータイの役割をしなくなる?)をすることになります。
 また元に戻りますが、どうして電車やバスではあれほどしつこく「電源」を切るようにアナウンスするのでしょうか。あれでは・・・繰り返しになりますが・・・心臓に病気をお持ちの方は優先席以外の所に乗るな、と言っているのと等しいのではないでしょうか(もっともその優先席でも時には危険地帯になることがあるのは最初の高校生を見てもわかります)。
 とにかく携帯電話に対するJRの対し方は最初から理解に苦しむ、不思議なものでした。そもそもどうして、車内で「通話」をしてはいけないのでしょうか。今日の車内放送によると「他のお客様の迷惑になりますから」と言っていました。それも疑問です。
 車内で、高校生や、大学生、時には小学生もわいわいおしゃべりしています。それどころか、一杯きこしめしたサラリーマンが同僚と上司論を戦わせています。そんな光景に、不快を感じる方もおられるでしょうが、僕は車内が和気あいあいとしていて楽しく感じてこそ、決して不道徳でも、不謹慎にも思えません。むしろ、疲れた表情で押し黙っていたり、船を漕いだりして、車内が水を打ったようにシーンとしているほうが不気味です。おしゃべりがうるさくてゆっくり眠れない、という人もいるでしょうが、そういう人には、乗っている電車が通勤電車であることをお忘れなく、と言いたいです(寝台車ではありません)。
 携帯電話のおしゃべりも、車内のおしゃべりの度を超えるとは思えません。もし度を超えるようならば、おしゃべりに夢中の恋人同士を注意するのと同様に苦言を呈すればいいのではないでしょうか。
 そして、最後の最大の疑問です。どうして携帯電話を持っている人たちは(あるいは携帯電話を普及させたいと思っている会社は)以上のことに関してJRもしくは都バスに抗議しないのか、ということです。
 電車の中で、待ち合わせの相手に「今・・・駅通過したところ」と、途中経過を電話で報告できることこそ、携帯電話の威力のような気がするのですが。

 ちなみに、僕はフランスの事情しか知りませんが、少なくともパリではメトロもバスもケータイ使用は禁止されていません。ケータイでおしゃべりしているひとがいても、誰も気にしている様子はありません(もっともパリではメトロの車内で音楽家が楽器の演奏をしているほどですから)。僕の印象では通話内容はビジネスがらみが多いようです。
 長距離電車のコンパートメントの室内にはさすがに携帯電話を控えるマークがついていますが・・・

 また元に戻りますが、これほどしつこく注意しているにも関わらず、これほど無視され続け、その結果として重大事故がほとんど起こっていないというのは、やはり注意している側が、間違っているのではないでしょうか。
 もし可能なら、医療機器がマナーモードのケータイに影響されないことを公にしたほうがいいのではないでしょうか。あるいは、もし逆の結果、影響があるのならば、影響を受けない医療機器を早急に開発すべきではないでしょうか。開発不可能ならば、車内やホーム等、ひとの集まる場所でのケータイ使用はすべて禁止すべきではないでしょうか。
 以上、大きなお世話ながら、以前から考えていたことを書かせてもらいました。これも、新聞に投稿したいのですが、どうやって四百字ほどの文にするか・・・至難の業ですね。。
スポンサーサイト
オピニオン | 10:25:32 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
フランスと日本の携帯事情の違いは、電車だけじゃないのですよw
オルセーに行ったとき、おそらくどこぞの国の観光客だとは思いますが、携帯電話で作品の写真をとっていた訳です(写メ、ともいう)。

このとき、携帯の撮影のシャッター音がなりませんでした。
さて、日本ではどうでしょう。チロリロリ~ン♪、とほぼすべての機種がなるではありませんか! この「差異」はどこからくるのでしょう。
たまたま同じ日にオルセーに行っていた女の子の友達曰く「盗撮防止」なんだそうで、そういう意味でも、電車の車内アナウンスでも、「日本人」の自覚というか、道徳観念(モラルとか?)が低いという感じにさせますね。

まぁモラルのない私、オルセーで携帯をチロリロリ~ンとならしながら、印象派の作品を何枚か、携帯に収めてきたりしましたがwww 反省。
2007-06-26 火 23:47:27 | URL | titanx2 [編集]
 titanx2 さん、フランスと日本の写メの違いを教えてくれてありがとう。そうですか、フランスで見た携帯電話カメラはシャッター音がしませんか。デジカメもシャッター音を消すことができますから、同じなんですね。確かにそれが普通ですね。
 対して日本のケータイはおっしゃる通り、チロリロリーンとしますね。あれは消せないのですね。
 それが最初に問題になったのは確かに「盗撮防止」のためだそうですが、主に本屋の店内での盗撮を防止するためだったとか。
 オルセー美術館での写メ、いいんじゃないですか。音もかわいいし。もしかすると、初めてそれを聞いた外国のひとがうらやましがったかも・・・
2007-06-27 水 08:30:46 | URL | スキピオ [編集]
話それますが...
Scipion先生
横フォローでごめんなさい。

日本でも美術館によっては許可を得れば撮影可になってきてますね。
竹橋の近代美術館がそうなのですが、携帯でなくカメラ持参の観光客さんが
いらしたときは参りました。
シャッター音って静かな場所だとデジカメでも結構気になるものです。
個人的には一切禁止にしてほしいなあ...。
その分ポストカードを充実させればいいのに、と思いますね。

携帯のカメラはすっごく便利なのですが。

2007-06-30 土 21:29:35 | URL | こはる [編集]
こはるさん、こんばんは。
確かに、日本でも撮影可の美術館がでてきましたね。たとえば、西洋美術館や国博も常設は撮影可だそうです。もっとも、光が十分ではないので、フラッシュ、三脚なしではうまく撮れないそうですが。
シャッター音に関しては、オルセー美術館のようなにぎやかな美術館では気になりませんが、静かな所では気になるかも知れませんね。やはり、音はしないほうがいいでしょう。
2007-06-30 土 22:47:34 | URL | スキピオ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad