■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
帰国報告
 一昨日、8月31日に帰国しました。今回の旅は、前半がフランス南西部、後半はいつものヌヴェールとパリ近郊が中心でした。前半の旅程は、まずはバイヨンヌに3泊して、次にボルドー2泊。どれもかなり充実した旅でしたが、まだ写真の整理も済んでいません。ここに写真を掲載するには、メモリー制限があるので、いちいち写真を縮小しなければなりませんので、まだまだ時間がかかりそうです。
 ですからとりあえず、ヌヴェールのマルタン氏の家での晩餐だけ報告しましょう。
 毎年、僕が日本料理を披露することが恒例になっていて、昨年はすき焼き、今年は天ぷらとお好み焼きです。2泊したので、第1日目が、ヌヴェールの町内にあるマンションのテラスで天ぷらを作りました。

天ぷらを囲んで
手前がマルタン夫妻、右の二人が娘のロランスとその夫、
僕はマルタンさんが貸してくれたエプロンをつけています。
手前は、パン代わりの、ツナマヨを乗せたおにぎり。



 お嬢さんのロランスの夫は、アメリカ人で本名はジョナサンですが、ジョンと呼ばれています。ニューヨークに住んでいますが、毎年ヴァカンスでご実家のマルタン家にやってきます。マルタン氏は郊外に田舎屋がありますので、そこに滞在しています。

Martin 家の庭          マルタン家の日本趣味
マルタン氏は日本趣味が昂じて、庭を日本風にしています。

 翌日は、その田舎屋の方で、お好み焼きを作りました。田舎なので、心置きなく騒げます。歌の上手なロランスがバルバルの曲を歌ってくれました。最初に彼女は僕に尋ねました。
 「アキオ、バルバラだったら、何を歌ってほしい?」
 「やっぱり、『ゴッチンゲン』ですね」
 すると彼女は、無伴奏で静かに歌い始めました。父親が、ロランスはバルバラの専門家だ、というだけあって、息をのむほど素晴らしい歌唱でした。この度のヌヴェールの、フランス旅行の永遠に忘れがたい思い出です。一曲歌い終われば、歌は次々と続きます。

ロランスはバルバラの
次々と歌を歌うロランス


 お好み焼きとワインで盛り上がり、宴会が終わる頃はさすがのフランスでも真っ暗な11時頃になりました。
 すると、またまた魔法のようなお土産が待っていました。空を見上げると、満天の星空です。そして、天の川がはっきりと見えました。旅の前半に訪ねたピレネーの巡礼の町「サン=ジャン・ピエ・ド・ポール」の方に、まさにミルクのように、流れていました。こんな美しい夜空を日常生活の中にもてるなんて、なんという贅沢。
スポンサーサイト
2016年フランス旅行 | 15:42:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad