■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
フランス映画祭・・・「やっちゃえ! さいたま」
さいたま市では、フランス映画祭と称して、9月17日から9月24日まで大宮市民会館でフランス映画を10本ほど紹介している。一昨日、昨日と雨中にもかかわらず足を運んだ。
一昨日見た映画は『Une Éstonienne(邦題『クロワッサンで朝食を』)』(原題の意味は「エストニアの女」)と『Jappeloup(仮の邦題『ピエールとジャプルー』)』(原題は障害飛競技の馬の名前)、どちらも見ごたえのある良質な作品だった。前者では意地悪な老婆の役をかのジャンヌ・モローがあの顔つきだから当たり前だが、好演していた。また、後者は馬と騎手、ブリーダーたちのハラハラの連続もので、最後はオリンピックで終わる。実話を映画にした。
昨日の作品は、『Attila Marcel(監督Sylvain Chomet)』というタイトルだったが、邦題は『ぼくを探しに』となっていた。原題は主人公ポールが2歳の時に亡くなっている(母親も同時に)父親の名前で、作中に出ることが少ない。両親の突然死が原因で主人公は言葉をしゃべることができないまま30代となり、自分探しをするので、この邦題となったと思う。
Attilaはこの父親の型破りな性格を、Marcelは『失われた時を求めて』の作者Marcel Proustを思わせる。というのも、ポールは、マダム・プルーストという風変わりな女性と出会い、マドレーヌ菓子とハーブティーで、過去の記憶を呼び覚ますからだ。
このように書くとひどく深刻な映画かと思われるが、全く正反対の喜劇だ。監督は、複数監督の合作『Paris, jet'aime』のエッフェル塔の箇所を担当したシルヴァン・ショメ、彼が僕にとって身近なのはストロマエの『カルメン』という曲のPVを作った監督でありイラストレーターであったということだ。以下に紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=UKftOH54iNU


残念ながら、今日は仕事の日、フランス映画祭に行くことができない。残念だ。さいたま市の文化度、今急上昇中。 やっちゃえ! さいたま。
スポンサーサイト


映画評 | 05:55:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad