■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
喪に服す日
 今日2017年6月15日は、喪に服す日として、日本史に残るかもしれない。いわゆる6.15の法案可決の日として。
 ついに政府は、「中間報告」という隠し刀を使って、凶暴罪、いや共謀罪を成立させた。
 参議院の死だと野党の人は騒いでいたが、元より日本の二院制、つまり参議院は曖昧な議会であったのは確かだ。衆議院と同じように選出された国会議員で構成されるのだから、参議院の持つ特殊性、参議院の参議院たる存在理由というものがはっきりしない。戦前は貴族院だったので、その特殊性は・・・良きにつけ悪しきにつけ・・・明快だった。要するに民衆の代表ではないということだ。イギリスの貴族院は未だその形態を保っているから驚きだ。が、その存在意義は確かにあるのかもしれない。
 翻って日本の場合は、衆議院選挙に落選したので、参議院に鞍替えなどと言っている議員がいるような議会だから、存在意義は希薄だ。要するに国会議員になれれば良いということではないか。できれば衆議院議員になりたいが・・・ということは、参議院は衆議院より劣っているということか。以前参議院選挙は、全国区というものがあり、テレビの人気司会者などがトップ当選していた。当時の参議院は、衆議院との異質性をその選出方法で保っていたのかもしれない。
 待てよ! 今日ここで声を大にして言いたいのは、二院制のことではない。戦後の転換点ともなるかもしれない恐ろしい法案が成立したということだ。先のない僕にとってはどうでも良いけれど、若い人たちにとってはこれから先、重苦しい時代にならなければ良いがと願う。あの金田とかいう法務大臣の顔をよく覚えておいてもらいたい。これから悪法の適用とともに思い出される顔なのだから。
スポンサーサイト


雑感 | 07:55:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad