■プロフィール

石田明生

Author:石田明生
ホームページの方もよろしくお願いします。
文学雑感、旅行記、翻訳などを載せています。

■4travel

スキピオの旅行記(写真付き)もごらんください。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■アクセス解析

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
『アレクサンドロス』読了
5月1日(火) 『アレクサンドロス』(ヴァレリオ・マッシモ・マンフレディ著 草皆伸子訳)全3巻を読了する。

第1巻 夢の王子
第2巻 若き征服者
第3巻 永遠(とわ)の帝国
マンフレディ 1943年生まれのイタリアの作家
徳間書店

 かつて中学生時代に『三国志』(吉川英治)を読んだ時のような、躍動する高揚感を書物からたっぷりと感じることができた。至福の時間を過ごせたと言うことだ。
 また、紀元前4世紀頃、アリストテレスの時代とその世界を知れることで知的好奇心も満たされた。とはいえ、もちろんあくまで小説の世界だから、全て史実とは思えないし、事実作者も史実とは異なる箇所を指摘もしている。また、ほぼペルシャ全土をめぐる遠征中の土地の描写も「示唆的なものに」ならざるを得なかった旨あとがきでことわっている。
 この小説の面白さの一つは、アレクサンドロスと仲間たちの友情と情熱と野心にあるのではないか。この仲間は皆アレクサンドロス王子の学友たちで、アリストテレスの薫陶を得たものたちだ。現代の中学・高校生のように競い合い、ふざけ合い、涙を流し、喧嘩をして成長する。二十歳過ぎくらいで、戦さ場に赴く彼らの青春群像といっても良いくらいだ。それから約10年、この仲間たちは苦楽を共にして、小アジアからイスラエル、エジプトからバビロニア、スサからペルセポリス、カスピ海を望んでインダス川まで大遠征をする。
 アレクサンドロスの偉大さは、その間の戦の勝利だけにあるのではなく、占領した町々にギリシャとペルシャの融合を常に優先していたと言うことだろう。
 33歳という若さで病死なかったなら、とついつい考えてしまうアレクサンドロスの早世だった。小説にはないが、大王の死後、この仲間たちを中心としてディアドコイ戦争(後継者戦争)が勃発し、喧嘩どころか悲惨な殺し合いにまでなってしまう。
 そのことは、小説のエピローグに記されている。書き手は、エジプトのファラオとなるプトレマイオスだ。ファラオの座を息子に禅譲した彼は、親友アレクサンドロスが作った町「アレクサンドリア」の繁栄を自慢し、当時の青春時代を思い返して筆を置く。

 ここまで書いて、本を図書館に返してきた。次に借りてきた本も、期待を裏切らないと思う。ウンベルト・エーコの小説『プラハの墓地』だ。エーコの小説は今までに『薔薇の名前』と『フーコーの振り子』の2冊を読んだが、どちらもあらゆる満足を与えてくれた。今度のも楽しみだ。
 そういえば、今はどうやらイタリア文学にはまっているようだ。
スポンサーサイト


文学雑感 | 16:50:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad